消えた画 クメール・ルージュの真実

劇場公開日

  • 予告編を見る
消えた画 クメール・ルージュの真実

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1970年代、幼少期にポル・ポト率いるクメール・ルージュによって行われた抑圧・迫害のため、家族や友人を失ったカンボジア出身のリティ・パン監督が、カンボジアの大地の土からつくられた人形によるクレイアニメーションで、当時のカンボジアを描いた異色のドキュメンタリー。パン監督の記憶の中の「恐怖の支配」を再現し、主人公である「私」が観客に直接語りかけるように一人称で展開する。2013年・第66回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で最優秀作品賞を受賞し、第86回アカデミー賞でも外国語映画賞にノミネートされた。

2013年製作/95分/カンボジア・フランス合作
原題:L'image manquante
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート

外国語映画賞  

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

出品

ある視点部門
出品作品 リティー・パニュ
ある視点部門 最優秀作品賞 リティー・パニュ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)CDP / ARTE France / Bophana Production 2013 – All rights reserved

映画レビュー

4.0カルトに乗っ取られた国で

Momokoさん
2019年4月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

自分の物語を自作の土人形とドキュメンタリー映像などで構成した映画。人形はリアルに迫ってくるというのではないが、悲しみに満ちた表現だった。
音楽、波の映像に、時間の流れとそれに抗うように押し寄せる悲しみ、慟哭を感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

4.0あーインターナショナル!

2017年4月25日
PCから投稿

悲しい

怖い

夥しい数の遺体が埋められていた場所の土で人形を造る。
その血と肉と骨が混ざった人形が、ドキュメンタリーとかフィクションとか、常識を押し倒して迫ってきて、
音楽史上最も犠牲者を産出したと考えられる罪深き♪インターナショナル♪が異音として耳に残る。
伝える!記憶に残す!ための執念に圧倒された。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
蛇足軒瞬平太

1.5強制労働の前と後について語って欲しかった

2014年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

 もう二度と戻りたくないポル・ポト政権下のカンボジア。監督のリティ・パニュ自身の悲惨な回想録である。
 クメール・ルージュの革命がいかに短絡的で、悲惨な結果を生み出したかというのは良く伝わった。
 しかし、なぜ周りの大人たちがいとも簡単にこのような政権を生み出してしまったのかについては全く触れられていない。中国の文化大革命に言及した作品には、隣人がある日突然自分を反革命分子呼ばわりする雰囲気が描かれる。この作品では、それはある日突然外から襲ってくるように描かれる。当時まだ幼かった者にとっては、いきなり何の前触れもなくやってきたことに違いないのかも知れない。しかし、こちらの勉強不足もあるのかもしれないが、もう少し、ポル・ポト生み出した当時のカンボジアの政治・社会状況に言及して欲しかった。
 そして、強制労働キャンプからどのようにして逃れることが出来たのか。観客は、この先の見えない地獄にいる少年が、今観ている映画を語っているリティ・パニュだと知っているのだ。この二つの存在を結びつけるエピソードを語って欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る