トランスのレビュー・感想・評価 (3)

メニュー

トランス

劇場公開日 2013年10月11日
59件中、41~59件目を表示 映画レビューを書く

催眠術すごい

すごいよかった!!!
なにが現実で、なにが仮想か、終始混乱。。でも最後はすべてがつながった、おみごと。。

たちたち
たちたちさん / 2013年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただいま全国公開中

「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が描く、記憶をなくした絵画強奪犯が催眠療法によって行き来する、現実とも記憶とも言えぬ不思議な世界。

ストーリー

ゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が白昼堂々オークション会場から盗まれた。それは競売人のサイモンとギャングのフランクによる計画的犯行なのだが、その後サイモンは絵画を隠すという計画外の行動をとり、フランクの逆りんに触れ、殴られてしまう。その衝撃で彼の頭の中から絵画を隠した時の記憶が失われる。フランクは催眠療法士を雇い、サイモンの記憶を取り戻させようとする。

監督:ダニー・ボイル

キャスト

ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン

2013年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと難しかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

結局あの主人公の男は酷いストーカーで無関係の若い女の子が無残に殺されたっていう・・・
ちょっと難しかった。

jjjjj
jjjjjさん / 2013年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

催眠術面白い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 見ている最中は、え?そうだったの!といったような意外な展開が面白かったのだが、後から考えるとそんなに話を入り組ませる必要があるのか、そもそもそんなのあり得るのかと疑問に思った。ちゃんとそれが成立するように工夫が凝らされているのだが、それも複雑な構成のためにわざわざあり得る設定を頑張って作っているように感じられた。大体首が回らないほどギャンブルにはまっている男が絵画に興味があるか?と思う。

 被害者意識だった催眠術師の女が大それた犯罪に加わっていくのも変だった。

 いろいろと後付感がうかがえる映画だったが、主人公のとらえどころのないひょうひょうとした感じはよかった。オークションから絵画を強奪する場面、監視カメラの記録媒体を壊しているところや、特殊部隊が出れなくするように車を停めるところなどとても面白かった。催眠術の場面もミステリアスでよかった。こうして文句をいいたくなるのもけっこう面白かったため、あれこれ考えた結果で、だからつまらない映画だと言っているわけではないのです。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2013年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男ってこんなもんですよ 女にはかなわない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

周到な強奪計画のもと名画を盗んだものの、主人公の記憶喪失という予期せぬ事態に名画は行方不明に。果たして絵はどこに?
っていう形で始まる映画ですがそんなことは小さなことだった。絵の行方を辿るとともにもっと大きな謎、彼の記憶は実はいつから失われていたのが明かされる。
アルファロメオのなかにあんなものがあるなんて。アルファのりとしてはきついわ〜

とことこ
とことこさん / 2013年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満足の出来でした

ダニー・ボイル監督には特に思い入れなく見ましたが、シナリオも演出も良く出来ていて満足の出来でした。d(^_^o)
一貫して不安感を煽るようなアングルや音楽の演出も良かったデスね。唯一、終盤に説明調になっちゃうが気になりましたがしょうがないかな。
ヴァンサン・カッセルがとてもキュートなのが印象的でしたね。

ぱんちょ
ぱんちょさん / 2013年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハイセンス過ぎるぜ、ダニー!映像+音楽のナイスコンビネーション! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 映画全体のテンポが最高!トランスっていうタイトルの出る演出もイカしてるぜっ!!映像+音楽のコンビネーションも最高だぜ!いろいろなフォーマットで撮ってる感じもしたぜ!
 記憶をなくした男が、消えた絵画の在りかを探すため催眠療法(トランス)を使って、自分の潜在意識の中に入っていく。なんか「インセプション」っぽくてドキドキするやん。
 でも後半、結局、エリザベスとのくだりはもう予想できてしまうし、最後その展開にしたいのであれば何かまた別のプロットで観客の興味を惹いとかねば、最後のパンチとしては弱い感じがした。
 もう一捻りあれば文句なしでした!

F.M.Revolution
F.M.Revolutionさん / 2013年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダニーボイルに踊らされた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大きなネタバレはしてないつもりですが…。

いわゆるどんでん返しの繰り返しで
現実という名のパズルのピースを一つずつはめていくような話でもあるけど、怪しいと睨んでいた人はやっぱり何かあったし
えええ?どうゆう事なのっと思うこともしばしば。
思いのほか残忍なシーンが多くびっくりと同時にしんどい。

見ている内にいま自分がいる世界が 現実なのか仮想なのか、真実なのか虚構なのかわからなくなってくる。
ラストも自分には混沌としていて、結局この2人は関係性は何なんだ?って。

映画館暑かったのか、私がヒートアップしたのか
汗がじんわりと湧き、体温が3度くらい上がった気がする。
そんな燃える作品だった

sa080755
sa080755さん / 2013年10月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

裏切り

悪い意味で裏切られ、良い意味で裏切られる。
そんな結末嫌だけど、でもワクワクする。
相反する感情が交差していた。主人公もそんな心境なのだと思う。

ゆうた
ゆうたさん / 2013年10月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

その記憶は誰の掌で転がっているのか?

いやあ、心地よく混乱させられました。
ダニー・ボイルが本格ミステリーかますとこうなる訳ですかぁ。

多重構造というかね、カットバック?フラッシュバック?記憶の探求と逆行?何と形容すれば良いのか、兎に角技巧溢れる映像テクニックの、この応酬ですよ。
現在進行形なのか?はたまた遡ってるのか…?という観客側としては瞬時に判別ができない展開というか。
こっちで必死に流れに喰い付いてやっとこさ理解が追い付くというか。
一時たりとも同じ視点に空間を置かないもんだから、もう混乱しっぱなしです。

誰を信じればいいのか?誰も信じられないのか?
彼は主役なのか?それとも脇役なのか?
誰の掌で転がされているのか?それとも転がしているのか?
その記憶は正しいのか?
その記憶は操られているのか?
その記憶は嘘なのか?
物語は何処へと行き着くのか?

果してどうやって決着を付けるのか?
それとも…最初から決着は付いていたのか?

う~ん…やられた。何とも上質な101分間。
ああそうか。我々は結局ダニー・ボイルの掌で転がされた訳ですね。

ロロ・トマシ
ロロ・トマシさん / 2013年10月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

するりととけてしまう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あやふやな土台に家を建てていくような物語。

あやふやなものが、さらにあやふやなものを作り上げるので
混乱の渦に巻き込まれる。

しかし、映像や演出的な盛り上がりが、それを上手く導いてくれて
あやふやな何かなのだが、何かが組上がっていく。と感じさせる。
もうすうぐで何かが出来てしまうという高揚感に引っ張られていく。

そして、出来上がりの家を全体から俯瞰すると気付かされる。
あやふやだったモノは、騙すために意味も無く追加された飾りではなく
その家を構成するために必要な材料だったと。

ぐちゃぐちゃに積み上げたように感じていたそれが完成すると
玄関の先は、少しこじゃれた庭を付ける余裕があるほど
整った家になってあらわれるのである。

真実は何?というタイプ作品はよくあって、そのタイプに属する作品で間違い無いのだが
ここまで綺麗に清々しく終わってしまう作品はあまりない。
それでいて、それまでの過程はうんざりするほど頭をかき回してくれる。

saitofj
saitofjさん / 2013年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どんでん返しの繰り返し

絵画のオークション会場で強奪されたゴヤの名画。しかし、頭を強く打った事から、絵画を持ちだした強盗団の一味が、絵画を何処に隠したか忘れてしまう・・・。

どんでん返しの繰り返しです。しまいには、どれが本当の話なのかが、若干混乱してしまいます。それが、このトランスの魅力なのでしょうか。架空の記憶、あるいは、架空の話という観点では、若干『サイド・エフェクト(Side Effects)』にも似た感じもしました。架空の記憶・架空の話で、人を騙していますしね。

あるいは、人の記憶(意識)の中に入り込むと言う意味では、『インセプション(INCEPTION)』的とも言えるかもしれません。もっとも、『インセプション(INCEPTION)』は、他人の意識の中に入り込んで、他人を操るという話なので、失った記憶を思い出させるというこの映画のテーマとは少し違うかもしれませんが。

でも、そういう事か。サイモンがエリザベスのセラピーに行った時のエリザベスの表情。確かに、思わせぶりな表情でしたね。でも、物語の流れ上、はじめからそのエリザベスの表情の意味を説明するわけには行かなかったかもしれませんが、最後の最後、かなり結末に近くなった時にその話をするのはなぁ。推理小説だったら、掟破りの、反則ですね。推理小説ではないので、目は瞑りますが、そう言う伏線があっても良かったかも。あ。無いことはないか。そうか、エリザベスの表情と「あなたの好みは知っている」と言うエリザベスの言葉が伏線か。エリザベスの言葉は、セラピーの中で聞き出したのかと思ったんだけど、そうじゃありませんでしたね。

単純な、強盗の話ではありません。中々見応えがあります。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2013年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局何が真実?

途中でマカボイ君が催眠にかけられているのはわかったが、最終的に何が真実なのかボヤけてしまった。
過去のメモリーを消え去るところまではよかったけど、それすらも本当だったのか?

chicaric
chicaricさん / 2013年10月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すべては○○でした

開始10分くらいで、場内にネタが分かったのかもしかしたら2回目鑑賞の人
だったのか大きなあくびを連発する人がいて非常に不愉快だった。
そうゆうマナーはいくら謎が分かったとしても気を配って欲しいものだ。

主人公サイモンが襲われて記憶を無くしてしまい、催眠療法(トランス)を使って隠した絵の場所を探そうとする話。

結末は書きませんが、催眠療法をしているシーンの演出、映像の作り方は
「あ、これは催眠療法の中だ」ということがよく分かりました。
最初「あれっ?絵はどこ行ったんだ?」って思ったし、
この話はどうなって行くの?と思わされてそれは、
催眠療法で少しずつ記憶が取り戻されて行って
けどそれと同時にあることも判明していって
ダニーボイル上手いです。

次はどんな作品が出てくるのだろう。

eigal
eigalさん / 2013年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんなお話とは…

ダニーボイル監督作品だと、‘28日後’とか‘28週間後’とか好きなんですけど、こちらも適度にショッキングな映像ありで面白かったです。
絵画を盗むクライムドラマかと思いきや、お話はぜんぜん違う結末に。このストーリーもさすが!と感じてしまいました。
夢か現実か、仲間か裏切り者か、とかとか…いろいろいりみだれるけど‘こうなっちゃうとはね~’って感じでびっくり。けど、催眠療法だと、結果何が真実かわからなくなるんじゃないかしらん。催眠術かけられていたら自分もわからないもんね。
誰がくわせものか…、面白い結末でしたよ!

peanuts
peanutsさん / 2013年10月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

濃い105分

ダニー・ボイル、ジェームズ・マカヴォイ、謎のありそうなあらすじに惹かれて見てきました。
催眠療法で隠した絵の記憶を取り戻そうとするのが話の本筋ですが、中盤からは難解になっていき、見応えがありました。
終盤の展開はこちらが着いて行くのが大変なほど。
こちらの予想を一歩越える良質なサスペンスです。
あとジェームズ・マカヴォイ好きな人は一見の価値あり。

shiba
shibaさん / 2013年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと感情移入し辛らかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドラゴンタトゥーの女みたいな路線なのかと思ったけど、それほど入り込めなかったなぁ。ちょっと複雑すぎたかも。
残忍なシーンが個人的にきつくて正視できなかった。(そういうの、弱い)
あと、音楽が合ってない気も、、、

arayan
arayanさん / 2013年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダニー・ボイル凄すぎる・・・

ダニー・ボイル監督、アカデミー賞をとって安泰という感は全くなく、トレスポを大人が楽しめる感じにした作品です。
催眠術と3角関係が絡み合って、わからなくなりそうでならず、最後にいろいろ結びついてスッキリ爽快な気分で終わります。
でもよく考えると怖くもあり、見終わったあといろいろと語れる映画です。
マカヴォイは本当にいい俳優ですね。
娯楽作として必見です!

catchy
catchyさん / 2013年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

檻の扉

アカデミー賞監督だってことが今ひとつピンとこない
ダニー・ボイルの最新作。

ダニー・ボイルが初期の盟友ジョン・ホッジと組んだ
サスペンス映画。

ジェームズ・マガヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン

有名絵画泥棒の片棒を担いだ競売人マガヴォイ
ところが、内輪もめにあって、記憶の一部を欠落。

ヴァンサン・カッセル演じる強盗団のリーダーは
ロザリオ・ドーソ演じる催眠療法士に記憶回復を
依頼するものの・・・・。

中盤から話を牽引にするのは明らかにこの療法士で
ここまで女性が物語を話の軸にするのは
ボイルでも初めてかもしれません。

ロザリオ・ドーソンにこう言う役どころを
持ってくるのが意外でした。

あれこれ想像してからでも
充分見て楽しめる作品に仕上がってます。

やっぱり、この人は巨匠とかじゃなくて、ジャンル映画監督だって。

RAMPO
RAMPOさん / 2013年9月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

59件中、41~59件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報