親密さ

劇場公開日:

親密さ

解説

映画や演劇、俳優養成の専門学校「ENBUゼミナール」の演技コース修了作品としてスタートした企画から生まれた、およそ4時間におよぶ長編作品。「親密さ」という演劇を作り上げていく過程を描いた劇映画の前半部分と、実際の舞台の上演を記録した後半部分の2部構成で、それぞれの中に虚構と現実が交錯する。新作舞台の上演を間近に控えた演出家の令子と良平は、コンビで演出を手がけているが、そのやり方に次第に限界が見え始めて……。

2012年製作/255分/日本

スタッフ・キャスト

監督
脚本
濱口竜介
撮影
北川喜雄
編集
鈴木宏
整音
黄永昌
助監督
佐々木亮介
劇中歌
岡本英之
舞台演出
平野鈴
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0演じているのか、本音をさらけ出しているのか

2022年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

4時間の長編だが、前半はとある演劇制作の過程を追いかけたドラマで、後半はその演劇をまるごと見せるという構成になっている。前半で、プライベートをさらしていて役者たちが、後半では役者として役を生きている。役者たちの人生の在り方を前半で見せられた観客は、後半の舞台劇で、素直に役を演じる俳優たちを「キャラクター」とは見なせなくなる。役者本人たちがダブって見えるようになる。このセリフは台本のセリフを読んでいるのか、それとも演じている本人の言葉なのか、その言動は役者本人のパーソナリティを反映したものなのか、それとも台本にあることを演じているだけなのか、わからなくなる。
主人公の男性を演じているのが、台本を書いた張本人だというのも上手い。自分で演じることをしぶっていたが、とある事情で演じざるを得なかった彼のぐだぐだを前半で見ている分、彼本人の特性と役柄の区別がつきにくい。劇終了後の電車のシーンはすごい。劇よりも劇的な現実(という虚構)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.0演劇好きにはたまらないかも

2022年5月9日
Androidアプリから投稿

長かった。一部と二部に分かれ、一部は演じるまでの過程。二部は演劇そのものを映像化。
人生色々。一期一会ということ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ろくさん

0.5セリフが聞き取りにくい

ciaさん
2022年4月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

特に脚本家役の男性の声が小さすぎて何を言っているのか分からない
高評価だが長すぎると思う

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
cia

4.0濱口竜介

さん
2022年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

一部のラストの長回しが好き。二部は、怖い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y
すべての映画レビューを見る(全11件)