親密さ

劇場公開日

親密さ
32%
49%
14%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画や演劇、俳優養成の専門学校「ENBUゼミナール」の演技コース修了作品としてスタートした企画から生まれた、およそ4時間におよぶ長編作品。「親密さ」という演劇を作り上げていく過程を描いた劇映画の前半部分と、実際の舞台の上演を記録した後半部分の2部構成で、それぞれの中に虚構と現実が交錯する。新作舞台の上演を間近に控えた演出家の令子と良平は、コンビで演出を手がけているが、そのやり方に次第に限界が見え始めて……。

2012年製作/255分/日本

スタッフ・キャスト

監督
脚本
濱口竜介
撮影
北川喜雄
編集
鈴木宏
整音
黄永昌
助監督
佐々木亮介
劇中歌
岡本英之
舞台演出
平野鈴
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5この構成力は、凄いとしか言いようがない。

2021年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

濱口監督作品は、昨年観た「ハッピーアワー」以来。
こちらの作品の方が古いのですね。
「ハッピーアワー」は長いけど全く飽きさせない
作品でしたが、本作も同様でした。
いや、こちらの方が古いわけですから、そりゃぁ
そーか!って感じですよね(笑)

人間の心情の移ろいを本当に本当に丁寧に
描く監督だなぁと感心です。それも冗長化することなく。
この作品の登場人物が実在してて、その人から
思い出話でも聞いて作ったんですか?と言いたくなる
脚本。まぁ微妙な感じをよく拾えるよなぁと。

本作のすごいところは第二部は演劇丸々ってとこ。
一部はその制作過程なわけですが、劇中劇という
範疇ではないというところが恐ろしいです。
制作過程で見え隠れする人間関係、演じる人物に
よって見え隠れする感情、演じる人間の気持ちの上で
描く感情、そして劇中劇の内容・・・このリンクっぷりが
すごいです。

一体、何で人間を描こうとしているんだ?おい?と
突っ込みたくなるほどに見事です。
劇中劇がリアル世界の人間関係のメタになっている
ような錯覚にも陥りますしね。

あーだこーだと描きたいのですが、観賞後1ヶ月
経過しても頭の中が整理できないという・・・(笑)
また見直したくなる作品でした。
観て損はないです。 秀作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

3.0言葉が刺さりまくる作品

2021年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ひとつの演劇作品を創り上げるところから実際の舞台公演までを、4時間半という壮大な時間で描いた作品。
冗長に感じるかと思ったが、特に公演パートは普通に演劇作品の記録映像として楽しめた。(その後、演劇を映像で観るのもわるくないと感じて、最近増えてきている配信を探して観てしまったぐらい)

全体を通して役者の芝居からカメラワークまでリアルを追求した演出になっている。
その分敢えてなのか製作パートではセリフが聞きづらい部分が多々あり少しストレスに感じた。

全編を通して、とにかく言葉が染み渡る。

特に印象に残った、朝焼けのなか歩きながら話した「言葉は想像力を運ぶ電車」の詩を書き残しておきたいと思う。

===
言葉は日本中どこまでも想像力を運ぶ。
私たちという路線図。
一個の私は想像力が乗り降りする一つ一つの駅みたいなもの。
どんな小さな駅にも止まる各停みたいな駅もあれば、
仕事をしやすくしてくれる急行みたいな言葉もある。
分かる人にしか分からない快速みたいな言葉もあって、
一番言葉の集まる駅にしか止まらない新幹線みたいな言葉もある。
地下の暗闇を走る言葉もある。
地下から地下へ受け渡される邪な想像力たち。
でも時より地下から地上に顔を出してビルの谷間を潜るとき、
冬の太陽が無理矢理縦縞に変えようとするから想像力は眉を顰めたりします。
時々届くのが早いほど言葉は便利な大事なものにも思えます。
だけど本当に大事なのは、想像力が降りるべき駅で降りること、
次に乗り込むべき駅で乗ること、ただそれだけです。
だからダイヤグラムの都合から、ぎゅぎゅう詰めの急行とスッカスカの各停が同じ時刻に出発して、
ほんの一瞬同じ速さで走る時、急行のなかの想像力が羨ましげに各停を眺めることもあるのです。
2012年には東京メトロ副都心線と東急東横線が繋がるみたいに、
今まで繋がれなかったあれもこれも繋がるんだろうか。
そんなことを想像しています。
===

※Thanks Theaterで鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

2.5演劇

2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

新作舞台劇「親密さ」を演出する二人は恋人同士、稽古を重ねるに従い関係が変わってくる。
このパートはドラマで、後半は舞台劇の記録映像となっている。
メイキングが創作という独特の構成だが、舞台劇に興味のない私には長い。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

4.0言葉。電車。感情。

andhyphenさん
2018年11月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

秩序立ったレビューはとても書けそうにない。恐ろしいほど言葉に詰められ、言葉に揺らされ、そして電車に揺られ続ける。ただひたすらに全てに問い詰められる255分。という感じだった。
最後の最後に至るまで画面にも台詞にも一切の弛緩がない。私たちの生きるこの現代とはほんの少し異なった世界線を、しかしそれを中心に据えることはなく、ただただその存在だけを放って物語は進む。
断絶の後に上演される舞台劇「親密さ」を超えて、あのラスト。断絶前の夜明けの対話。長い物語を観たというだけではない、とてつもない疲労を感じる。それはつまらないとか面白くないの疲労ではなくて、観る者に対してひたすらに詰めてくる、それに対抗するための疲労感だ。
それにしても多分濱口監督は電車の使い方日本一上手いと思う。すごく適当に言った。まあ電車の使い方だけではない。全ての使い方が不器用に見せかけた巧みさに満ちている。観てるこっちがいつか追いつけなくなったらどうしよう、とふと思った。いや置いていかれる作品を作って欲しいという気持ちもあるのだけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
andhyphen
すべての映画レビューを見る(全6件)