ファイアbyルブタン

劇場公開日

  • 予告編を見る
ファイアbyルブタン
9%
29%
41%
18%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界的ファッションデザイナーのクリスチャン・ルブタンが演出、鬼才デビッド・リンチが音楽で参加し、フランス・パリの老舗ナイトクラブ「クレイジー・ホース」でわずか80日間だけ上演された伝説のショーを映像化。「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」の撮影スタッフが参加し、本作のために全演目を新たに撮り下ろした。実際のショーでは見られないさまざまな角度からダンサーたちの肉薄し、臨場感たっぷりの3D映像でスクリーンに映し出す。

2012年製作/80分/R15+/フランス
原題:Feu par Christian Louboutin, le film 3D
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)Antoine Poupel

映画レビュー

2.5ポスターから受ける印象がすべて

mimiccuさん
2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

・ヌードショウ劇場「クレイジーホースパリ」の演目「FIRE」の演出ルブタンのインタビュー→ダンサーのインタビュー→ショウの繰り返しの構成で見やすい。
・長い脚、まあるい尻に靴底の赤が映える。視線を足元から上に上がっていく。
・ダンサーの身体的な統一感をとことん追求して選定してる。
・激しいダンスではなく、基本ゆったりとした動きで女性らしい肉体の曲線美を堪能する。それが映画的にはやや単調な印象。
・ダンサーは若い女性ではなく成熟した大人の女性が表現することこそ完成された美である、とルブタンは語る。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

2.5前作と比べると…

ykonoさん
2015年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

ダンスや音楽はすばらしいが映画としてはどうかなぁ(前年の「クレージー・ホース」が良かっただけに).やはり再現映像ではなく公演を観たかったというのが正直なところ.トゥシューズになる特製ピンヒールは凄いが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ykono

4.5ストリップを超えた動く宝石のショー映像

2014年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

萌える

 パリのヌードショー劇場で“クレイジーホース・パリ”開演された「FIRE」を映像化したドキュメンタリー。
 シューズブランドとして有名なクリスチャン・ルブタンが演出を担当したことから、ルブタンがショーのうんちくを語り、ダンサーのひとりがショーにかける思いを語って、ひとつのショーが演じられるという構成。
 さすがにパリのヌードショーは、日本のストリップ劇場とはレベルが違います。粒ぞろいのダンサーの鍛えられた肉体美は、まるで動く彫刻のようで、ぜんぜん嫌らしさを感じませんでした。そして独特の照明効果で浮き上がる肢体からは、言いしれぬ色香が迸るのです。
 ルブタン曰く、ダンサーたちは誰一人として、肉体にまっすぐなところはなく、絶妙なカーブを描いていると語るとおり、芸術品といっていいでしょう。ルブタンのお勧めは、脚線美が描くシルエットだとも。そこにルブタンが今回のショー向けにデザインしたという踊るためのハイヒールが組み合わさったとき動く宝石のように感じられました。

 ダンサーの選考では、年齢的に若い人はあえて避けているそうなのです。ルブタンが強調する「大人の女性の成熟した魅力を存分に感じて欲しい」との言葉を待つまでもなく、年齢を超越したの円熟さを感じさせてくれました。

 またダンサーの特徴として、出演しているダンサー全員が同じように見える統一感が素晴らしいのです。ルブタンが言うには、ここのダンサーは非情に個性的で、誰一人同じ感じはしないのだといいます。

 その統一感を作る要素として、ダンサーの選考段階で、細部に至るまでプロポーションを一致させる選別を行っているそうです。身長や体型だけでなく、バストの大きさや形まで揃っているのには驚きました。
 もう一つ内面的な要素として、クレイジーホースのステージに上がった瞬間からダンサーたちは、魔法にかけられたように意識がガラリとダンスモードに変わってしまうのだそうです。その思いは、いかにお客様に喜んでいただける踊りを魅せられるかに集中してしまうのだとか。それ故に、ダンサーの気持ちが自然に一つとなって統一感が生まれるのだと思います。

 上映は、2Dと3Dをそれぞれ上映していますが、やはり3Dのほうが臨場感を強く感じることができました。

 映画化に当たり、前作『Pina/ピナ・バウシュ』のスタッフたちは、カメラアングルにこだわって、早いカット割りでショーの魅力を引き立ててて描きだしています。とても映像的なショーの内容は、映画になってもその魅力は充分味わえます。目の保養に、ぜひお勧めします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
流山の小地蔵

0.5教訓 デザイナーに何でもやらせちゃダメ

2014年2月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

美女とセクシーをふんだんに使い、気持ち悪いだけの作品に仕上がっている。デザイナーが自己満足の世界を表現しただけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくあき
すべての映画レビューを見る(全12件)