私は王である!

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
私は王である!
21%
36%
43%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

韓国の人気ドラマ「宮 Love in Palace」でブレイクしたチュ・ジフンが、兵役からの復帰作として主演したハートウォーミングな歴史劇。宮廷から逃げ出した気弱な王子が、民の暮らしを知ることで良き指導者となるため成長していく姿を描く。1418年、好きな読書に明け暮れ気楽な生活を送っていた国王の三男・忠寧(チュンニョン)は、思いがけず王位継承者に任命されてしまう。重責に耐えきれない忠寧は、自分と瓜二つの貧しい青年ドクチルを身代わりにして宮廷から逃亡するが、市井で生きるうちに人民たちの苦労を知り、彼らのためにも良き王になりたいと願うようになる。そんな頃、宮廷では悪徳官吏にドクチルの素性がばれてしまい……。チュ・ジフンが忠寧とドクチルの2役を演じている。

2012年製作/121分/G/韓国
原題:I Am a King
配給:ポニーキャニオン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0大王も面目躍如。

ハチコさん
2013年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

3.0ひとり二人役、目つきひとつで印象かわるんですね〜。

peanutsさん
2013年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

こないだ観たイビョンホンの王になった男、とベースが同じな気がするんだけど少し史実にもとずいているの?
あちらはラストにあざみせて、ほんもんだろ!ってわからせたけどこちらは、あざ、使わなかった。
それにこちらのがコメディ色強かったですね。
コントドラマみたいなパターンがいくつもありました。きちんと全部クスッと笑えるし。
ダメダメな王の後継ぎが民を守るために責務に目覚めて行く様は充分楽しめました。
大砲やら筆ペンやら、発明家まで出てきて無駄なポイントでも笑えました。
それにしても、韓流映画、相変わらずオバサマのお客様多し!
男子がみても充分楽しめるのにな〜。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts
すべての映画レビューを見る(全2件)