スーサイド・ショップ
ホーム > 作品情報 > 映画「スーサイド・ショップ」
メニュー

スーサイド・ショップ

劇場公開日

解説

「髪結いの亭主」のパトリス・ルコント監督が自身初のアニメーション作品として、フランスでベストセラーとなったジャン・トゥーレの小説「ようこそ、自殺用品店へ」を映画化。代々続く根暗な自殺用品専門店に赤ちゃんが生まれたことから、変化していく家族の様子をブラックユーモアを交えて描く。世の中が絶望の空気に覆われ自殺者が後を絶たない都会で、唯一繁盛していたのが、ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家が営む自殺専門用品店だった。そんなトゥヴァシュ家に男の子が生まれ、アランと名付けて育てられるが、アランは家族全員と正反対の無邪気で明るい性格だった。両親の必死の教育にもかかわらず、健やかでポジティブな少年へと成長したアランは、店の商品を「自殺できない用品」に変えていってしまう。

作品データ

原題 Le magasin des suicides
製作年 2012年
製作国 フランス・ベルギー・カナダ合作
配給 コムストック・グループ
上映時間 79分
映倫区分 PG12
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

インタビュー

名匠パトリス・ルコント、初のアニメーション作品を語る
インタビュー

「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコント監督が初のアニメーション映画を手がけた。原題は「自殺用品専門店」を意味し、フランス人らしい辛らつなブラックユーモアをちりばめながらも、美しい映像と軽快なミュージカル仕立てで老いも若き...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全18件)
  • 原作は「ようこそ、自殺用品店へ」 自殺で溢れる絶望の世界で自殺道具専門店を営む四人家族のもとに新たに生まれた赤ん坊アランのやんちゃさが家族を変えていく。あらすじ通りでそれ以上でも以下でもない。 店の前で大音量を流して店を壊す、自... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 冗談みたいな ミシマとハラキリと自殺って、日本のことではないですか? 冗談みたいな作品ですが、冗談にならない自殺大国に住む日本人に向けられたメッセージとして、前向きに受け取りましょう。ルコントらしからぬ、キモ... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2017年4月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 可愛いし面白い ティムバートンの世界みたいで画が可愛い。 更にフランスのユーモアが溢れ、オシャレで楽しいです。 途中途中で歌も入り、ミュージカル風なところも良いですね。 ...続きを読む

    シャネルちゃん シャネルちゃんさん  2016年10月23日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

ボヴァリー夫人とパン屋
ボヴァリー夫人とパン屋 (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「スーサイド・ショップ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi