わたしはロランス

ALLTIME BEST

劇場公開日:

わたしはロランス

解説

23歳の気鋭カナダ人監督グザビエ・ドランが、女性になりたい男性とその恋人の10年にわたる愛を描いたラブストーリー。モントリオールで暮らす国語教師ロランスは、恋人フレッドに「女になりたい」と告白する。そんなロランスを非難しながらも、彼の最大の理解者になることを決意するフレッドだったが……。ロランス役に「ぼくを葬る」のメルビル・プポー。フレッド役のスザンヌ・クレマンがカンヌ映画祭ある視点部門で最優秀女優賞に輝いた。

2012年製作/168分/カナダ・フランス合作
原題:Laurence Anyways
配給:アップリンク
劇場公開日:2013年9月7日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 カンヌ国際映画祭(2012年)

受賞

ある視点部門
ある視点部門 女優賞 スザンヌ・クレマン

出品

ある視点部門
出品作品 グザビエ・ドラン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0境界線を越えた愛!! いつまでも恋する気持ちが描かれた作品

2023年10月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

芸術性、ファッション性、そして人間性が
溢れる作品でした。

国語教師だったロランスが体は男、心は女
性同一性障害の自分に目覚める!

恋人のフレッドは女装したロランスを
非難すること無く、ウィッグをプレゼントするシーン、心の美しさが表現されていました。

女装したロランスを見る好奇の視線。
無神経な発言に怒りを爆発させるフレッド!

自分が傷付いても愛する男性を護ろうとする
気持ちが感じられました。

艶やかな夜のパーティー。
天井に見えるシャンデリア。
色とりどりに変化する女性のファッションや
髪型やお化粧、色彩が鮮やかな映像を
見ることができました。

正直に生きることで失うこともある。

フレッドがロランスに書いた『手紙』
綴られた文章にすべての愛が詰まっていました。

真っ白な雪景色。
ピンク色のレンガ。

廻り道をしたけれど、忘れられない人がいた
ことを感じたストーリーでした。

追記、製作した当時、グザビエ・ドランと
言う若い男性監督が子役をしていたことを
後に知りました。

フレッド役をしたスザンヌ・クレマンも
感情が入り込む素晴らしい演技でした。

コメントする 3件)
共感した! 6件)
美紅

5.0境界線を越えた愛! いつまでも恋する気持ちが描かれた作品

2023年9月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

芸術性、ファッション性、そして
人間性が溢れるストーリーでした。

国語教師だったロランスが
体は男、心は女性、性同一性障害の自分に
目覚める!

恋人のフレッドは女装したロランスを
批難することなく、ウィッグをロランスに
プレゼントしたシーン、心の美しさが
表現されていました。

女装したロランスを見る周囲の好奇の視線!
無神経な発言に怒りを爆発させるフレッド!

自分が傷付いても、愛する男性を護りたい気持ちが感じられました。

艶やかな夜のパーティー。
天井に見えるシャンデリア。
色とりどりに変化する女性のファッションや
髪型、お化粧、色彩が鮮やかな映像を

見ることができました。

正直に生きることで失うものもある。

フレッドがロランスに書いた「手紙」
綴られた文章にすべての愛が詰まっていまし
た。

真っ白な雪景色。
ピンク色のレンガ。

廻り道をしたけれど、忘れられない人がいた
ことをイメージしたストーリーでした。

追記、監督がグザビエ・ドランと言う
子役をしていた若い男性だったこと
後に知りました。
LGBT以外のストーリーを観たいと言う
期待を込めて評価を高くしました。
フレッド役をした
スザンヌ・クレマンも感情が入り込む
素晴らしい演技でした。

コメントする 7件)
共感した! 10件)
美紅

4.5観たかった度◎鑑賞後の満足度◎ 予想していたような単なるトランスジェンダーの話ではなく”愛“と“普通とは”と“境界”を問うもっと深い物語。24歳にしてこんな映画を撮れるとはやはり早熟の鬼才だろう。

2023年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

①メルビル・プポー好演。最初は男前で始まり途中メイクが段々濃くなってくる当たりは正直ややキモい。だが最後はとても美しくなる。(元が良いからでしょうけど。) 声を変に高温でおネエ言葉にしていないのも宜しい。仕草も過剰なおネエ臭さがなく自然に女性な感じ。やはり向こうの役者さんは達者だなぁ、と思う。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
もーさん

3.0後味いいが長い

2023年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
こまめぞう