エンド・オブ・ウォッチ : 映画評論・批評

エンド・オブ・ウォッチ

劇場公開日 2013年8月17日
2013年8月20日更新 2013年8月17日より丸の内TOEIほかにてロードショー

語り口と演出を凌駕するギレンホールのパワフルな演技

同じ地区を扱った、かつてのデニス・ホッパー監督作「カラーズ 天使の消えた街」がどこかのどかと思えるぐらいに「エンド・オブ・ウォッチ」はヤバイ。もはや撮影地巡りの観光エリアにピックアップするような場所でないことは確かだ。それが、ロサンゼルスのサウス・セントラル近辺。ストリート・ギャングではなく、FBIが血眼で追うメキシコ系麻薬カルテルが街の支配に乗り出し、危険のレベルが格段に上がった。パトロール警官も命が惜しければ、うかつにカルテルのヤクやカネに直接手を出してはいけない。しかし、犯罪があれば犯人を追いつめるという本能に突き動かされた、ブライアン・テイラージェイク・ギレンホール)とマイク・サバラ(マイケル・ペーニャ)のパトロール・コンビは、その危険をおかしてしまった。カルテルは二人を邪魔な存在とみなして、暗殺指令を地元ギャングに発する。

映画の語り口として採用されたのは、とにかくギレンホールが仲間紹介を兼ねて撮影しまくるデジカムほか、小さく携帯可能なキャメラが<臨場>を演出する方法で、それ自体はさほど珍しくはない。演出のキャメラと、この同時ムーブするキャメラの差がいまいち判然とはしないが、そのあたりはギレンホールのパワフルな演技でどうでも良くなる。それほどギレンホールの役者としての炸裂が半端ないのである。あの変態的名品「ドニー・ダーコ」以降、桁違いな成長力をみせてきた役者であれば当然だ。今回のパトロール警官役で肉体を鍛え上げて挑んでいるが、たとえば、パーティ・シーンにおける手拍子、ダンスの腰の捻りなどにこれまでになかったギレンホールの魅力が出現。巧い。

監督のデビッド・エアーは「フェイク・シティ ある男のルール」等で、悪徳刑事を描いたりしたが、今回はまっとうな警官に焦点をあわせている。市警全面協力ということで、納得。というか、あんな所をパトロール、誰もしたくないよね

滝本誠

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全34件)
  • ふざけてるけど街を守る警官という資質がある2人! 終わりかたが納得... ふざけてるけど街を守る警官という資質がある2人! 終わりかたが納得いかず。なんかふざけてても正義が悪を倒して終わるのが見たかった。でも結局これがリアルなのかな。 ...続きを読む

    まこと まことさん  2018年7月11日 22:06  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • まさか泣くとは思いませんでした 手持ちカメラ的な手法を多用している割には洗練されていて、親密感や閉塞感、あるいは緊張感みたいなものを巧みに作り出していて、完全にストーリーの中にはまってしまったように思う。 珍しいくらいに警察を... ...続きを読む

    SH SHさん  2018年3月9日 04:23  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • リアルだけど、イマイチ。 「エンド・オブ・ウォッチ」字幕版 PSvitaで鑑賞。 *概要* ロサンゼルス警察24時。 *主演* ジェイク・ギレンホール マイケル・ペーニャ *感想* この作品は、複数の登場人物が持つ... ...続きを読む

    ひろっぴ ひろっぴさん  2018年2月21日 17:25  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi