ランパート 汚れた刑事

解説

アカデミー賞で脚本賞、助演男優賞にノミネートされた「メッセンジャー」(2009)のオーレン・ムーバーマン監督とウッディ・ハレルソンが再タッグを組んだクライムサスペンス。ロサンゼルスのランパート地区で実際に起きた警官汚職事件をもとに、暴力警官の孤独な戦いを描く。ロサンゼルス市警ランパート分署の警官として働くベトナム帰還兵デイブ。ある日、彼の運転するパトカーに乗用車が衝突。逃げようとした運転手を捕まえたデイブは、その男を殴り続け瀕死の状態にしてしまう。その一部始終を録画した映像がニュース番組で放映されたことから、デイブは暴力警官として騒がれるようになる。

2011年製作/108分/アメリカ
原題:Rampart

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0悪徳刑事モノ

2021年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ベトナム帰還兵のデヴィッド。84年に連続レイプ事件の容疑者を殺したことが常に取沙汰されていたが、ある日、パトカーの横っ腹に車をぶつけられ、その相手を捕まえようとしたとき、犯人が逃げたためボコボコに殴り倒してしまった。その様子がカメラに収められてしまい、テレビで放映された。おかげで告訴されることになったがデヴィッドだったが、警察上層部は彼を解雇せず、警官の職にずっと落ち着くことになる。

 前妻にベッドインを断られると、すぐにバーで飲み、女を引っかける。人種差別であっても黒人の女と寝たりするのだ。やがて裁判に金がかかるため、情報屋から賭博が行われることを聞き、そこで強盗一人を撃ち殺してしまう。さらに窮地に追い込まれたデヴィッドだったが、傲慢な態度を取りつづける・・・

 簡単に捕まらない男デヴィッド。このハレルソンがジェイソン・ステイタムに見えてくる。しかし、事実に基づく映画であるのに、なぜか中途半端な終わり方。前妻たちが共同生活から抜け出したことが原因か、捕まることを覚悟したんだろうけど・・・

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る