教授とわたし、そして映画

劇場公開日

教授とわたし、そして映画
0%
27%
37%
27%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

韓国の俊英ホン・サンス監督が、映画学科の女生徒オッキをめぐって繰り広げられる人間模様を4部構成で描いた作品。30代の売れないアート系映画監督ジングは、大学時代の恩師ソン教授の紹介で映画学科の講師を務めている。ジングは学生だった頃、同じ映画学科に通う女生徒オッキに恋していたが、実はオッキはソン教授と関係を持っていた。ジングはそのことを知らないまま、オッキと結ばれる。やがてオッキは、ジングとソン教授との三角関係を題材にした映画を撮りはじめる。

2010年製作/80分/韓国
原題:Oki's Movie
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0男同士の話といえば「女の話」「自慢話」「誰かの悪口」の3パターンしかない

kossyさん
2020年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 映画学科に通うナム・ジングが女生徒のチョン・オッキに恋をするが、オッキはソン教授と付き合っていたという三角関係の話を4章立てで描かれた作品。最終章「オッキの映画」ではオッキ目線で作られた短編映画のようだ。

 時系列でいえば2、4、3、1章になるのだろうか、てっきり売れない映画監督ナムの物語だと思っていたら、最後にチョン・オッキのための物語にすり替わっていた。1章では別の女性と結婚した後のナムだったけど、ソン教授を慕ってはいるものの、人付き合いが苦手なところがあり、「論理学の本を読め」とまで言われるほど会話がかみ合っていない。映画の試写ではプライベートな質問におどおどするばかり・・・

 そんなナムにも輝かしい青春時代があり、ストレートすぎる愛の告白が実を結び、オッキと付き合うことになる。しかし、鈍感なナムには彼女がソン教授と付き合っていたことを知らない。オッキとしても、ソンは既婚者だし乗り換えようとしていたところだった。

 女性目線、しかも二股。純情青年と老獪教授。手玉に取っているほど悪女じゃないけど、男を冷静に比較するところが何とも言えない。そして、学生が自分に着いて来なくなっている寂しさから引退を考える男の渋さ。後ろ姿が何かを訴えてくる。

 時系列通りだと何ともつまらない三角関係物語なのですが、バラバラにされ、視点も変わると面白くなる。威風堂々を必ず間に聴かされ、クレジットは手書きで素人っぽくしているところも風変り。引きの映像は多くなくて、表情もわかりやすくて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る