テッド

ALLTIME BEST

劇場公開日:

テッド

解説

マーク・ウォールバーグ扮する中年男と、Fワードを連発する過激なテディベアの交流を描いたコメディ。全米ではR指定ながらも、興行収入2億ドルを超える大ヒットを記録した。いじめられっ子の少年ジョンは、クリスマスプレゼントにもらったテディベアのテッドと本当の友だちになれるよう、神様に祈りをささげる。すると翌日テッドに魂が宿り、2人は親友になる。それから27年が過ぎ、ジョンとテッドはともに30代のおじさんになっていた。一時は「奇跡のテディベア」としてもてはやされたテッドも、幻惑キノコで逮捕されてからは堕落し、下品なジョークと女のことばかり考える日々。そんなある日、ジョンは4年間つきあっている恋人から、自分とテッドのどちらかが大事なのか選択を迫られ……。コメディアンや声優として活躍してきたセス・マクファーレンの初監督作。

2012年製作/106分/R15+/アメリカ
原題:Ted
配給:東宝東和
劇場公開日:2013年1月18日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第85回 アカデミー賞(2013年)

ノミネート

主題歌賞
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5たとえジョンの妄想だとしても面白い

2024年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

特筆すべきポイントは、歌詞が泣ける主題歌『Everybody Needs A Best Friend』を歌ったジャズシンガーのノラ・ジョーンズが10年ぶりに本人役で出演しており、しかもテッド(動いてしゃべるテディベア)の元カノという設定である。
ノラ・ジョーンズは今作の他にも、サンドラ・ブロック主演のラヴストーリー『トゥーウィーク・ノーティス』(2002年アメリカ映画)でも本人役を務めていた。

今作のストーリーは、少年の頃からテッドと一緒に暮らしていた35歳の独身男性のジョンに転機が訪れる。
もし、ドラえもんと野比のび太が暮らし続けたら...のような世界観。
テッドの見た目と性格のギャップが魅力。ちょっとスケベで笑える。

配信(hulu)字幕版を視聴した。あとで評判の良い日本語吹替版でも観てみたい。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
Don-chan(Daisuke.Y)

3.5【”少年の想い程、強いモノはない。””俺たち一生雷兄弟!”命が宿った毒舌テディベアとダメダメ中年男コンビが織り成す小ネタ満載の痛快ブラックコメディ。今までにないジャンルの作品でもある。】

2023年5月4日
PCから投稿

悲しい

興奮

幸せ

■テッドの愛くるしい姿とエロオヤジと化した中身のギャップが面白過ぎる。
 80年代の音楽や小ネタ満載作品。

ー 孤独な少年・ジョンは、クリスマスプレゼントでもらったテディベアと友達になれるように祈る。翌朝、テディベア“テッド”に魂が宿り、ジョンはテッドと無二の親友に。
 27年後、2人はすっかりダメな中年に成り下がり、ジョン(マーク・ウォールバーグ)の恋人ロリー(ミラ・クニス)も愛想を尽かしてしまう。ー

◆感想

・テディベアのテッドの毒舌が凄い。
ー フツーは子供向け作品になる気がするのだが、R15+だから、ターゲットは高校以上だろうが、新たなジャンルの映画である。-

・”フラッシュ・ゴードン”のサムがそのまま出演していたり、ノラ・ジョーンズがそのまま出演していたり・・。

・物語としては少し捻ったラブストーリーであるが、そこにテッドの毒舌、お下品さが加えられていて、独自の雰囲気を醸し出している。

・変態SM親子のドニーとロバートにテッドが拉致されるシーンも、後半の盛り上げに貢献しているよね。

<それにしても、マーク・ウォールバーグの役柄の幅広さには驚くばかりである。>

コメントする (0件)
共感した! 6件)
NOBU

3.0I love you🐻

Rさん
2023年2月23日
スマートフォンから投稿

テディベア好きとしては夢のような話だった。
テッドのような相棒がいたら楽しいだろうなあ。
ただ多くのレビューにもある通りお下品なので、一緒に観る人を選ぶ作品。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
R

4.0子どものまま大人になるとこうなる?

2022年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ものすごく面白い映画。
シモネタも、ひとひねりしてあって、必ず、それを嫌がる人のリアクションが入れてあるから、バランスが取れていると思う。
アメリカのポップカルチャーに詳しい人なら、もっと楽しめる。

2013.1.27

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ