劇場公開日 2013年3月15日

  • 予告編を見る

クラウド アトラスのレビュー・感想・評価

3.5122
20%
47%
23%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全122件中、1~20件目を表示

3.0ペ・ドゥナ

としさん
2022年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2022年6月18日
映画 #クラウドアトラス (2012年)鑑賞

時空を超えた壮大な抒情詩を描きたかったんだろうけど、まとまらなかった感じ

#ペ・ドゥナ にとってはハリウッド進出できてよかった作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

4.0一人最低3役

2022年4月10日
iPhoneアプリから投稿

知的

で演じられる怪作◎はじめは流し見で全編予定も途中よりあらあらコレは。でしっかり着座鑑賞へ。
改めて映画館でなく配信視聴で助かるわ。と思いつつエンドロールまで
魂と肉体を分離して考えることのできる哲学が有ればあり得るストーリー展開で
きっちりとエンタメにまとめ上げた手腕に僕は拍手喝采を送りたい。
マトリックス、8センスも本作品の線上に!良いもの観たわぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

4.0classic

KTMさん
2022年3月9日
iPhoneアプリから投稿

6つの話だけでなく、世界も星であり、6つとも全く違う事を意味してるのかな(^人^)
classicの六重奏曲を映画として視覚化した作品。

テーマは「愛」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KTM

4.5俳優たちが七変化

なめこさん
2022年2月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

知的

過去と未来、各世界が交錯して織り成すストーリーになっている。一度に沢山の物語が見れてお得な感じ。複雑だけど、最後はちゃんとまとまっていて登場人物が意外なところで重なったり出会ったりしているのが面白い。よく見ないと特殊メイクしてるから同じ俳優だと気付かないw考えさせられるものから、笑えるものなど目まぐるしくてせわしない、そして長い!けど見る価値ありだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なめこ

3.0時系列が錯綜するのはいかがなものか

2022年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

意欲作です。
成功とは言えないでしょうが、単純にそれぞれの時代を年代順にザーッとつなげたところで、本来伝えたいことの3分の1も達成できなかったのではないかと思います。

その中で、おじいちゃん達の脱走の話は、なくてもいいかなと思いました。
輪廻転生を意識したキャスティングで、不自然なメイクでアジア系の男の人がみんな同じ顔に見えたり、黒人がユダヤ人を演じたり、アジアンが白人を演じたりと、ぱっと見にはわからないくらいですが、とにかく出演している俳優たちがみな真剣に役に取り組んで、それぞれの時代を生き生きと演じています。

きっと、何度も繰り返して鑑賞すればこの世界にどっぷりとハマれるのでしょう。

毛色は違いますが、「メメント」などが系譜的に近い作品と言えるでしょう。
2014.6.22

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.0世の中、こんな感じかな

2022年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

いつも空想の中で断片的に考えるようなことを、そのまま映画にしてくれた感じでとてもスンナリ入ってきた。もう少し丁寧に進行してくれると良かったと思う部分もあり、設定が多くて複雑だから、きっとやりながら「本当はもう一度撮りなおしたい」なんていう部分もきっとあったのでしょう。

これ、日本に舞台をかえての和製クラウドアトラスもできそうですね。予算をいかにかけずにやるかは、悩みどころですが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にこにこどり

5.0受け継がれ繰り返される壮大さ

N.riverさん
2021年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

公開時からの二度目の鑑賞。

とても複雑な構成で、明確な一つの結末や解決が提示されているわけでもない本作。
加えて3時間と長いのだから、かなり好き嫌いは分かれると思える。
が、自身には物語もキャスティングもドストライクであった。

作曲家、航海、70年代、老人ホーム、ネオソウル、荒廃未来と、
多彩なジャンルに時代が織り交ざり、とんでもない数の登場人物が出てくる。
しかしどの時代でも、どの世界でも、
過酷な運命の元、登場人物らが困難を打ち砕き、迷いながらも懸命に生きる姿には引き込まれた。
まるで業を背負ったようにあちらで死に、こちらで結ばれ。
関係さえ見えてきたなら立場を変えて繰り返される苦難と決断の波状攻撃に、切なさもひとしお。
積み重なるほどに全体を貫き浮かび上がってくるテーマの、
個人間にあるものではない、人類に連綿と受け継がれてゆく愛の壮大さよ。
描き方でこうも変わるものかと思わされる。

かつ、どのジャンルに時代も甲乙つけがたいほど完成度が高く、
演出もかぶることなく個性に満ちており、
まるでひと粒で何度も美味しいを地で行く贅沢さだった。

個人的にはネオソウルの筋と、作曲家の筋が秀逸と観る。
そこはトランスジェンダーであり、マトリックスの生みの親だからかと思わずにはおれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N.river

5.0何なんだ、この映画は...

2021年10月31日
iPhoneアプリから投稿

必見のすごさ。
生きているうちに、こんなものが観られるとは。

啞然。
凄すぎる。
2013年公開。8年前すでにあったのですね。
よくぞまあ、映画にできると思ったなぁ。
原作があったとはいえ、感嘆しかありません。

なんと監督は『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟。と思ったら。
ウォシャウスキー「姉妹」になられたのですね。
またもや、びっくり。
魂は何度も生まれ変わる、ご自身たちの中にもそれがすんなり腑に落ちる感覚をお持ちだったのでは。

壁は、本当は無いのでしょうね。
性別だけでなく、階層、人種、能力、年齢...etc。
生と死すらも。ただの扉。人間とロボットも。
壁ではない。

壁は自分が作っているだけで。
開かずの扉にするのは、自分自身。
開かないから、壁と思う。
開けないのは、自己防衛。自己保身のせい。
自分を守っている。
相手への嫌悪。
同種以外は汚らわしき感じるという排他性。

自分の中の残虐性に気付き、それは恐れや思い込みから生まれていると知ったら。

警戒心は必要だけれど、不信感に変換する必要はない。
慎重な好奇心。
異質なもの、自分とは違うものに、好意的興味を持つこと。信頼には、そんな優しさと勇気が要る。

ためらいながら、行きつ戻りつ。
それは同じ眷属たちからは、仲間を不安におとしいれる危険人物として、迫害や抹殺という重い責苦まで負わされる。

でもね。
信頼に目覚めた人たちが人類を支える。
神話のアトラスが、地球を担いでくれているように。

目覚めるまで魂は何度も肉体に宿り、生きては死に、経験を重ねていく。
それって愛せるようになるため、だったのかも。
でなきゃ、潰し合いばっかで人類は滅びますものね。

アトラスは一人の巨人でもあり、
巨大なクラウドです。
つまりは宇宙。地球を支えるもの。
原子のように、千切れては色々合わさって、一つ一つの命になり、やがて使い切ればまたバラバラになって、宇宙へ還る。そしてまた再生される。
それは人間もロボットも同様です。
ということは、人にもモノにも、魂は宿りうる。

輪廻転生は、究極の科学的真理かもしれない。
そんなことを思えた作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
xmasrose3105

4.0輪廻転生

2021年9月16日
Androidアプリから投稿

見ているうちに、トムハンクスやハル・ベリー、ヒュー・グラントなど何人かが何役かやってるなぁというのは気付いたけれど、終わってみれば想像以上に多くてびっくり。

それぞれの話が微妙にリンクしながら、自由や正義、愛などをテーマにそれぞれが葛藤し、困難に立ち向かっていく姿を描いていて、ラストの未来に集約されていく。

それぞれの話はそんなに難解ではないが、どの時代の話なのかを理解するのに、最初の1時間くらいはかなり振り回されたけど、徐々にもつれた糸がほぐれはじめて、最後にはとてもスッキリする感じ。

ある意味マトリックスよりは、わかりやすいのかもしれない★

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤い彗星

4.0ざっくり切られたザックリー・・・あぁ、ソンミ様

kossyさん
2021年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 「命は自分のものじゃない」というペ・ドゥナ演ずるソンミ451が忘れられない近未来のパート。このエピソードが最も優れているし、ウォシャウスキーならではの革命の意義を教えてくれた。ざっくり6つのパートとは、
 1849年太平洋諸島。奴隷貿易に関わる弁護士ユーイングの物語で、帰国の航海につく際、密航していた脱走奴隷オトゥアと出会う。悪徳医師グースに毒を盛られ、瀕死の状態になるのだが・・・といった展開。

 1936年ケンブリッジ。ゲイのロバートは差別から逃れ、大作曲家のビビアンの元で作曲の手ほどきを受ける。やがてユーイングの物語からインスピレーションを受け、作曲を手がけるがビビアンが自分の曲を奪おうとしたため・・・という悲劇。

 1973年サンフランシスコ。原子力発電所計画に従事していたシックススミスは原発の欠陥を告発するためルイサ・レイに報告書を託すが・・・

 2012年ロンドン。「顔面パンチ」という小説を発表したダーモットが酷評評論家を突き落とす。そのため本が売れ、出版元のカベンディッシュは大もうけするが、ダーモットの兄弟たちに6万ポンドを強請られることに。老人施設に入れられ仲間と脱走を企てる。

 2144年ネオソウル。給仕クローンとして働いていたソンミ451が純血種の映画「カベンディッシュの災難」を観て自分の存在に疑問を持つ。革命組織のヘジュに救出され、クローンの実態を告発する手助けをする。

 崩壊後106度目の冬。ある島では女神ソンミを崇めていたが、食人族の襲撃に怯えていた。昔の技術を持つメロニムが現れ、姪キャットキンを助けた礼として悪魔の山へガイドすることになった。

 とにかく豪華な俳優陣と、男女関係なく1人何役もこなしている。ヒュー・グラントやヒューゴ・ビューイングが常にイヤな奴だというのも面白いし、それぞれの時代の中心人物が何かしらで他の時代にリンクしている。リンク内容も書物、音楽、恋愛、思想、宗教と多岐に渡り、奴隷問題を通した階級制度、LGBT問題、原発、監禁、クローン、自然環境など様々な問題を提起する。その編集テクニックも似たようなシーンを繋げたりして緊迫感を増しています。

 6つの章立てにすることなく、細切れでパラレルワールドみたいな扱いだったのもいいし、ハル・ベリー以外は誰がどの俳優なのかわからなくなっているのもいい。特殊メイクすごすぎ!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

3.5面白いけど…?

木森林さん
2021年7月29日
スマートフォンから投稿

興奮

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
木森林

4.0確かに難解でも…

2021年7月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

難しい

異常気象や、温暖化、飢餓問題、人種差別、宗教問題、内戦、ウィルス蔓延、環境破壊、種の絶滅…

人々が長い年月をかけて、地球を自ら住み辛い星へと促している現在に警鐘を鳴らしている作品だと感じさせてくれる。

かなり難解に思える映画ではあるが、現在に至るまで、あらゆる難題に愛の力で乗り越えてきた人類の強さが伝わる…

このままのワガママで自分勝手な人間達が、これから先、何年の月日をこの地球で人類として生きていけるのだろうか…
宇宙にSOSを投げかけて、地球外生物が地球人を地球滅亡の前に救ってくれるのだろうか…
そんな不安をも抱かせる良い作品に涙が自然と溢れました…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
‡BUNNY‡

2.5うーん…

seiyoさん
2021年2月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

題材は好みなんだけど…

沢山の時代がありすぎて
わからなくなってくる

又、見直すには
3時間は、長い…

難しくても面白い作品は沢山あるけど
難しだけだった
残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
seiyo

3.5輪廻転生

Jさん
2020年12月30日
iPhoneアプリから投稿

6つの物語が並行して別々に進行していく。

どの時代どの人にも様々な困難がある
自分の信念に従い立ち向かう姿

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J

4.0粗さも目立つけど琴線に触れる

Daishiさん
2020年12月23日
スマートフォンから投稿

魂の讃歌とでも言えば良いのか
こういうの好き
命大切
精神大切

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Daishi

4.0アクションでSFでファンタジーでラブストーリー

UNEmiさん
2020年11月22日
PCから投稿

最初のうちはあんまり集中してみると意味がわからなくなるかも。
ぼーっと見てると、最後の1/4くらいでぎゅーーーっと話が集約されてくる。

これを文字で表現した原作は、一体全体、理解可能なんだろうか…。

ウォシャウスキー兄弟の映像で見るからこその世界観だった気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

2.0えっ

ピピさん
2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿

なにこれ。
登場人物が同じだけ...
スケールが大きい映画だと思って期待したのが馬鹿だった(--;)
登場人物の顔の作りがあまりにも笑える。
無理がありすぎじゃない?
はっきり言ってつまらないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピピ

4.0時空を超えた6つの物語のアンサンブル

odeonzaさん
2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
odeonza

3.0自分には少し難しすぎた。

2020年4月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

6つの時代のとある人々の物語。ロードオブザリングに匹敵する約三時間もの映像の中、異なる時代の場面が錯綜するため頭の中で整理するのに一苦労です。

映画全体のミステリアスな雰囲気はとても好きなのですが、序盤はあまり物語に動きがなく、ゆっくりと各時代の背景を描くため序盤は少し退屈に感じました。しかし、中盤からはそれぞれの時代の中で異なる時代との接点が見つかっていくので知的好奇心がドンドン湧いていきます。

この映画は一回観ただけでは完全に理解することが難しいと感じました。他の方のレビューや感想などを参考にした上でもう一度この映画を鑑賞したいと思います。
ミスター・ノーバディやメッセージなどのSF映画が好きな方におすすめです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えねころろろ

4.06つの時代、一貫するもの

2020年2月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あふれイど-f(unction)
「クラウド アトラス」の作品トップへ