劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テレビ・シリーズの舞台設定から4年後、新たな敵に立ち向かう仮面ライダーたちの活躍を描いたヒーロー・アクション。監督は『仮面ライダー クウガ』の石田秀範。石ノ森章太郎による原作を下敷きに、「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」の井上敏樹が脚本を執筆。撮影を「超力戦隊 オーレンジャー」のいのくままさおが担当している。主演は、「GO」の椿隆之と『ごくせん』の森本亮治、「恋人はスナイパー 劇場版 The Sniper episode 03」の天野浩成、『恋する日曜日』の北条隆博。ゲスト出演に「MASK DE 41」の黒田勇樹。尚、本作は「特捜戦隊 デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション」と同時公開された。

あらすじ

4年前のバトルファイトで、全てのアンデッドが53枚のラウズカードに封印されてから4年。ライダーを引退しそれぞれの道を歩み始めていたかつての戦士たちの前に、復活したアンデッドと、グレイブ、ラルク、ランスの新たなライダーが現れた。実は、アンデッドにはもう一体”白いジョーカー“が残っていて、それがアンデッドの封印を解き、その対抗策として、研究所に残っていたギャレンこと橘朔也の指揮の下、新しいライダーが結成されたのだ。次々にアンデッドを倒し、カードに封印していく新ライダー。そんな中、ブレイドこと剣崎一真ら旧ライダーたちは、白いジョーカーの狙いが亡くなった烏丸所長が発見した超古代のレリーフに秘められた偉大な力を奪取することだと知る。そして、それを開く鍵は4枚のキングのカードと少女・天音。果たして、グレイブだった白いジョーカーは、カードと天音を奪い去ると、レリーフを開きパワーをゲット、巨大邪神・14となり大暴れを開始する。しかし、カテゴリーAのカードを取り戻して変身したブレイドら旧ライダーたちの活躍によって、見事、白いジョーカーは倒されるのであった。

2004年製作/73分/日本
配給:東映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0昆虫たちが戦ってるという印象が残った。はっきり言って気持ち悪い。

kossyさん
2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 元々はバッタをモチーフにした仮面ライダーであったが、ここまで昆虫をイメージしてあると、どう反応していいかもわからない。なんと言っても悪役がカブトムシやクワガタなのですよ!仲間はカミキリムシだしなぁ。。。そして、俳優はみなジャニーズ系の雰囲気なのに異様に暗いのです。さらに黒田勇樹をはじめとする新世代ライダーが登場するものの、変身後が黒を基調にしていて悪役にしか見えない(バレちゃうでしょ)。子どもが見てもつまらなそうだ。というか、子供たちにゃ理解できないようなストーリー展開。場内の子供たちは映画なんか見ていなかったヨ。可哀想なくらいだった。中学生の天音ちゃんも非行に走っちゃうし・・・ぁぁ、暗い・・・

 しかし、この暗さとヒーロー特有の虚無感と挫折感には味わい深いものがあった。映画っぽく作ってあるし、真面目にやってるんだなぁと妙に感心してしまった。TV版なんて、もちろん見てませんよ・・・大人ですもの。

・同時上映は『特捜戦隊デカレンジャーTHE MOVIEフルブラスト・アクション』だ!こちらは5点中0点!子供には悪影響しか与えない特撮ヒーローもの。ゴミ箱行き・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0ストーリー

2018年11月5日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーはちゃんとしてて
面白いし、
本編知ってたらより楽しめる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
walkindude

3.0ライダーモノにしてはまあまあ

Keitaさん
2017年1月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Keita
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る