外套に取り憑かれた男 ユーリー・ノルシュテインの世界

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「話の話」や「霧につつまれたハリネズミ」などで知られるロシアのアニメーション作家、ユーリー・ノルシュテイン監督の、98年暮れの来日の様子を収めた短編ドキュメンタリー。構成に「20世紀ノスタルジア」の原将人があたっている。尚、本作は「ユーリー・ノルシュテイン祭アンコール」の中で上映された。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

1999年製作/25分/日本
配給:ラピュタ阿佐谷

ストーリー

81年に製作を開始したものの、87年のペレストロイカ、91年のソヴィエト連邦崩壊、そしてそれに伴う国営スタジオの閉鎖と、激動の時代の流れの中で頓挫してしまったユーリー・ノルシュテイン監督の新作「外套」の撮影が、漸く独力で再開されようとしている。ノルシュテイン・スタジオで、ひとり黙々と作品を作り続けるノルシュテイン監督。そんな監督が、98年11月、妻で美術監督でもあるフランチェスカ・ヤルブーソワと来日した。映画は、会場となったラピュタ阿佐谷でのパーティ、記者会見、最新鋭の設備を有した日本のアニメスタジオの見学、ザムザ阿佐谷で行われた講演の模様などを映し出していく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「外套に取り憑かれた男 ユーリー・ノルシュテインの世界」以外にこんな作品をCheck-inしています。