遊☆戯☆王

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カードゲーム、デュエルモンスターズの決闘者=デュエリストたちの熱き闘いを描いたジュブナイル・アニメーション。監督は「地獄先生ぬ~べ~ 恐怖の夏休み!妖しの海の伝説!」の志水淳児。高橋和希による同名コミックを基に、小林靖子が脚本を執筆。撮影を武田純一が担当している。声の出演に「新世紀エヴァンゲリオン劇場版DEATH(TURE)」の緒方恵美。尚、本作は「'99春東映アニメフェア」の中で公開された。

1999年製作/30分/日本
配給:東映

ストーリー

駅前のデュエルモンスターズセンターで、超レアカード・真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラック・ドラゴン)・をゲットした翔吾。一流のデュエリストに憧れながらも、彼はそのカードを失うことへの恐怖心から、友達からのゲームの申し込みを全て断るようになってしまい、すっかり孤立していた。そんな翔吾を心配する遊戯は、数日後、ライヴァルの海馬が主催するデュエルモンスターズ大会の知らせを受ける。だが、実は海馬はレアカードを持っている者たちばかりをピックアップして、大会でそのカードを手に入れようと企んでいたのだ。そして、その出場者の中に翔吾の名前もあった。果たして、闘う勇気のない翔吾は出場を拒否。海馬の部下によって強制的に出場させられそうになるところを、遊戯に助けられるが、それでも彼の気持ちは変わることはなかった。そんな翔吾に遊戯は勇気を示す為、海馬の挑戦を受けることにする。海馬の待つ会場に乗り込む遊戯。大勢の観客が見守る中、決闘=デュエルはバーチャルバトルシステムで展開。一進一退の攻防を繰り広げるが、遊戯は次第に海馬の持つ最強カード・青眼の白竜(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)・に追いつめられていく。万事休すかと思われた時、遊戯は手持ちのカードの中にレッドアイズ・ブラックドラゴンのカードを見つける。実は、城之内が秘かに混ぜておいたのだ。しかし、遊戯はそれを使おうとしなかった。何故なら、持ち主の翔吾に闘う勇気がないからだ。だがその時、遊戯のデュエルを観戦していた翔吾が、遂に勇気を振り絞って叫んだ。「行け!僕のレッドアイズ・ブラックドラゴン!」その言葉を待っていた遊戯は、カードを繰り出すと海馬のカードを撃退。見事勝利を収めるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く