鍵(1997)

劇場公開日

0%
20%
60%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

初老の大学教授が、妻との性生活を維持するため様々な策を弄し、死に至る姿を、ミステリー・タッチで描いた文芸ドラマ。原作は昭和31年に発表され“芸術か猥褻か”という論議を呼び、過去に国内外で4度も映画化されている谷崎潤一郎の同名小説。監督は「ちぎれた愛の殺人」の池田敏春。脚本はベテラン・スクリプターとして知られる白鳥あかね、「お墓と離婚」の香川まさひと、池田の共同。撮影は「マルタイの女」の前田米造が担当している。主演は本作の撮影後に主演したテレビ・ドラマ『失楽園』が話題となった「トウキョウ・ドール」の川島なお美と、「身も心も」の柄本明。R指定。

1997年製作/95分/R/日本
配給:東映

ストーリー

昭和34年、美術教授の安西は、性的告白が綴られた日記を後妻の郁子にそれとなく盗み読みさせるという遊戯を始める。これによって、名器を持ち淫蕩な体質でありながら慎み深い妻の性衝動を解放し、さらに衰え始めた己の性の欲望をかき立てようというのだ。プレイボーイの木村が郁子に近付くのを見ては、安西は嫉妬がまた欲望を高めると日記に綴る。木村が娘の敏子を映画に誘えば、安西はこれに郁子を付き添わせた。その夜、木村を交えた宴でしたたかに酔った郁子は風呂場で失神。朦朧とした彼女を寝室に運んだ安西は、木村の名を譫言に呼ぶ郁子を抱き、歓喜の時を味わう。以後、郁子もまた己の日記で安西に感情を語りかけるようになり、夫婦の同様な遊戯が続いていった。それを知った敏子は、木村に感情があるらしい義母への敵対心もあって木村に体を捧げ、彼の求婚も受け入れる。夫婦の遊戯はエスカレートを続けるが、妻の裸身の写真を木村に現像させ嫉妬と興奮を覚える頃には、安西の健康はすっかり蝕まれていた。そんな時、外出先で例によって失神した郁子が木村とふたりきりになることがあった。安西は妻の貞操を信頼しつつ、不貞の疑惑と嫉妬とに苛まれる。すっかり性的に解放された郁子を抱き、安西は倒れていった。月日は過ぎ、実態は借金だらけだった屋敷で、郁子と敏子が安西の死について語り合う。郁子の体に溺れて半身不随となった安西は、郁子から日記を読み聞かされて死んだのだが、そこにはこの状況を予感していた木村の意志や、父と義母それぞれに複雑な感情を抱く敏子の思惑とが絡み合っていた。郁子さえ、実は最初から木村と関係を持ち、裏切りによって夫の性的欲求に応えようとしていたのだ。それは安西への残酷で人知れぬ愛情であった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5川島なお美の絶頂期

kohei1813さん
2019年11月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

初めてprime video で見てみた。谷崎潤一郎の耽美小説を一番美しい盛りの川島なお美を使って、最近の女優と違って惜しみなくその裸体を晒した彼女の役者根性を絶賛する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kohei1813

2.0川島なお美

kossyさん
2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

萌える

 サスペンスのような音楽。これはもはや文芸作品を狙ったのではないなっ!映像もTVドラマ風だし、川島なお美のヌードを楽しませるためだけだったんだな・・・

 この谷崎作品「鍵」は何度も映画化されている。初老の男が精力減退のため性的興奮を増すために・・・といったストーリーの典型なんだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「鍵(1997)」以外にこんな作品をCheck-inしています。