哀愁のサーキット

劇場公開日

0%
0%
0%
0%
100%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

秒速に命をかけるプロレーサーと、芸能界に生きる女性歌手との悲恋、そこには運命のいたずらがあった……。脚本は古屋和彦、監督は脚本も執筆している「官能地帯 哀しみの女街」の村川透、撮影は「OL日記 牝猫の情事」の姫田真左久がそれぞれ担当。

1972年製作/69分/日本
配給:日活

ストーリー

満田和郎はプロレーサーとして、今や、若者のアイドル的存在であった。ある日、和郎は、朝焼けに染まった渚で、歌手の榊ナオミが、自分のレコードを海へ投げ込んでいるのに出会う。翌日、知り合いの哲也から、和郎に電話がかかってきた。オートバイで勝負をして、和郎が勝てば、哲也の恋人の洋子を抱かせ、哲也が勝てぱ和郎の愛車をもらうというのである。和郎は心よく挑戦を受け、無謀のようなレースが始まった。が、結果は和郎が勝ち、意気揚楊と洋子をマンションへ連れ帰った。数日後、小さな公園で和郎はふたたびナオミに会った。二人は顔を見合せて笑った。どちからともなく二人は手を結んだ。広場、地下街、動物園、デパート、二人は、とりとめもなく歩いた。タ暮れの道を、二人を乗せた和郎のスティグレイは心地よさそうに走っていた。タ陽に映えた浜辺で、和郎は何を思ったのか、ライフル銃を持ち出すと、ナオミに握らせ「これで怒りをこめて俺を射て!」と叫んだ。彼の気持ちを計りかねて、躊躇していた彼女だったが、彼の強い語気に負け引きがねをひいた。轟音がして和郎は倒れる。しかし、それは和郎の演技だったのである。その夜、二人は渚のホテルに泊った。数日が夢のように過ぎて、二人は東京へ帰った。失踪していた彼女を芸能記者たちが、彼女に失踪時のことを聞いた。「海は女の涙じゃないかと思いました」とだけ答えるナオミ。数日後、ナオミは彼女のヒット曲となった“海は女の涙”を歌うステージののそぱで、和郎がレース事故で死んだことを知った。“海は女の涙”を唄う彼女の眼にキラリと涙が光った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る