遊侠往来

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「新遊侠伝(1951)」の後編(“東京編”)。

1951年製作/109分/日本
配給:新東宝

ストーリー

岡源親分は、お仙のことで加助と留吉が争うのを心配して自分の甥とお仙を結婚させようとするが、一旦承知したお仙も、加助と留吉の熱情にほだされ、親分への義理から東京へ家出する。橋伝はこの事をきいてわざと面あてに立派な結婚祝いを持ち込むので、加助と留吉はお仙を探しに東京へやられる。お仙は二人とも親分に気兼ねして、おめおめそんな使いをすることをののしるが、そこへ橋伝との野球試合あり、すぐかえれの電報で、二人は若松へとんで帰る。試合の当日になると、留吉は加助に「三振を打ち取ったらお仙をゆずる」といってはげまし、加助は留吉に「ここでかっ飛ばしたらさっきのお仙の件は帳消しにする」といってはげまし、見事に岡源チームに凱歌をあげさせたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る