江戸艶笑夜話 蛸と赤貝

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

江戸時代、色ごとしか知らない放蕩息子が、女盗賊などとまき起す騒動を描く艶笑喜劇。脚本は「日本モーテルエロチカ 回転ベットの女」の西田一夫、監督は脚本も執筆している藤浦敦、撮影は「団地妻 火遊び」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

1974年製作/73分/日本
配給:日活

ストーリー

庶民文化が花開く江戸時代は文化文政の頃。伊勢屋の放蕩息子・巳之介は、今夜も遊びに出かけようと甲州屋の前を通りかかった時、甲州屋の掘の上から出てきた黒装束姿を見つけた。巳之介はその黒装束の後を尾けるが、黒装束は火の番小屋に入るとするすると着物を脱ぎ出した。何とそれは女。巳之介はたまらず、その女に飛びかかるが、後から来た相棒の女に頭を殴られ気絶してしまう。二人組は、お艶とお杉といい、関西から来た女盗賊だった。その手口は、お艶が狙った店の旦那の妾となって近づき、信用させておいて、夜中にお杉と二人で蔵の金を盗み出して、翌日逃げ出すというものだった。二人が今度目をつけたのは、たらふく屋で、早速、お艶はたらふく屋の大旦那角右衛門に取り入り、妾となって世話を受けることになった。一方、お艶に一目惚れした巳之介は、遊びが過ぎてとうとう父に勘当されてしまった。しかたなく巳之介は腰巾着の半太郎のボロ長屋に居候をきめこんだ。ある日、ひょんな事からお艶の居場所をつきとめた巳之介と半太郎は、彼女の家に乗り込むが、お艶の作り話にすっかり騙され、彼女を救うために家から千両箱を盗み出した。その時、お艶は角右衛門を眠らして仕事にかかろうとする時だったので大変。お艶は巳之介に、己之介と添いたいばかりに角右衛門を殺してしまったと嘘をついた。それを真に受けた巳之介は一緒に死のうと、二人で大川端に行った。死ぬ気のないお艶は巳之介を海に突き落すが、二人は細ひもでつながれていたために、お艶もろとも川の中へ落ちてしまった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く