壮烈新選組 幕末の動乱

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

白井喬二の原作を、「草間の半次郎 霧の中の渡り鳥」の比佐芳武が脚色し、「お嬢吉三」の佐々木康が監督したオールスター・キャストの娯楽時代劇。撮影も「お嬢吉三」の伊藤武夫。

1960年製作/101分/日本
配給:東映

ストーリー

文久二年、勤王志士を制圧するため新徴浪士隊を作った幕府は、これが不評により解散、代って鋭意の士を集めた新選組が作られた。江戸試衛館の近藤勇、土方歳三、沖田総司等一派に、水戸浪士芹沢一派が合流、ここに陣容は整った。折も折、京洛には勤皇派を名のる斬込み強盗が横行していた。賊は勤皇の士で長古堂に住む但馬織之助であるとの密告で、新選組は長古堂を襲った。無実を叫ぶ長古堂の娘お香代を後に、織之助は辛うじて逃れた。その日、近藤勇は隊員芹沢が太物問屋太野屋の別邸とその妾お梅を奪ったと聞き、彼をいましめた。しかし芹沢は反省の色なく、大野屋に焼打をかけた。彼を斬った勇は強盗事件も芹沢一味の仕業なのを知った。一度は引退を決意した勇も会津侯にはげまされ、再び幕府への忠誠を誓った。勇のもとに、三条池田屋で桂小五郎等勤皇の士が会合するとの報がもたらされた。長古堂のお香代への恋を織之助によってはばまれた前畑三十郎という勤王侍の裏切である。新選組は集った一味を血祭にあげた。勇は織之助をかくまって逃れる名妓幾松と舞子千恵菊を見逃してやった。小五郎は大勢を挽回しようと策動した。夏がすぎ、幕府の長州征伐は失敗し、薩長連合が側幕の戦いを開始した。新選組には伊東甲子太郎一派が脱退する動きがあった。彼等は勤皇への転身を計って勇暗殺を企てた。織之助はその頃、かつて自分達を裏切った前畑が伊東に味方しているのをさぐっていた。男を囲んだ一味の企ては主義主張を離れた織之助とその僚友倉原の手で未然に防がれた。「人は誠だ誠を貫くことこそ人の道だ」そう悟った近藤勇は、あえて時流に抗し、「誠」の旗印を掲げ織之助と別れ、新しい任務に向って隊員をひきいて発っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「壮烈新選組 幕末の動乱」以外にこんな作品をCheck-inしています。