大阪ど根性物語 どえらい奴

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

長谷川幸延原作“冠婚葬祭”より、「股旅 三人やくざ」の中島貞夫と鈴木則文が共同で脚色、新人鈴木則文が監督した喜劇。撮影は「バラケツ勝負」の川崎新太郎。

1965年製作/87分/日本
配給:東映

ストーリー

父を亡くした天涯弧独の勇造少年は、一人で大八車に粗末な棺桶を乗せ火葬場に向った。斉場で葬儀屋駕花に手ひどい仕打ちをされている勇造を見た葬儀屋駕為の親分為次郎は、事の仔細を知り毛槍を振って勇造の父を手厚く送った。当時の葬式は、遺体を駕篭に乗せ、大名行列よろしく、盛大にとり行うのが礼儀とされていた。これが縁となり、勇造は駕為にひきとられた。一方駕花は、折から行われた明治天皇御葬儀の参列を誇大宣伝し、大阪の葬式屋界を牛耳ろうとしていた。老舗を自負する一徹者の駕為は、この行為を快く思わなかった。勇造も次第に商売に慣れ、仕事熱心が認められ、為次郎も一人娘美津も心惹かれるのだった。時は第一次世界大戦たけなわで、世は不況の波に覆われ、駕為も例外ではなかった。勇造は自動車で運送屋を営む蜂谷の繁昌ぶりにヒントを得、奴道中の葬列の近代化を為次郎に説くが、一徹者の為次郎に叱責され勘当された。翌日葬式道具一式をもって、勇造のもとに来た美津と勇造は結婚した。そして、早速小型トラックを改装して“博益社”の宣伝幕をつけて、商売を始めたが、一般の慣習を破ることは困難であった。会社組織となった博益社の最初の仕事は、水屋市助の協力で、薬問屋の葬式が破天荒一千円でとり行われた。喪主が勇造の近代経営ぶりに迎合したのだ。商売をとられた駕花は、悪質な妨害に出たが、葬儀は、無事終り、世間にも評判がよかった。祝盃の最中、為次郎危篤の知らせで駆けつけけた勇造と美津に、為次郎は近代的葬儀で送って欲しいと遺言して息をひきとった。しかし、式当日勇造は、為次郎が後生大事に守りぬいた古式にのっとり、最後の毛槍を父為次郎のために振うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「大阪ど根性物語 どえらい奴」以外にこんな作品をCheck-inしています。