赤ひげ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
54%
35%
9%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」。江戸時代の小石川養生所を舞台に、そこを訪れる庶民の人生模様と通称赤ひげと呼ばれる所長と青年医師の心の交流を描く。長崎で医学を学んだ青年保本は、医師見習いとして小石川養生所に住み込む。養生所の貧乏臭さやひげを生やした無骨な所長赤ひげに反発する保本は、養生所の禁を犯して破門されることすら望んでいた。しかし、赤ひげの診断と医療技術の確かさに触れ、また彼を頼る貧乏人に黙々と治療を施すその姿に次第に心を動かされていった……。

1965年製作/185分/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 ベネチア国際映画祭(1965年)

受賞

ボルピ杯(最優秀男優賞) 三船敏郎
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5病気は無知と貧困から

ケイさん
2021年1月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
ケイ

5.0赤ひげがかわいい

2021年1月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

萌える

豪放磊落と言いたいが、患者の心情を見抜き、適切なケアをする繊細な神経を持っている赤ひげ。
細やかな処置をする割には無愛想。
いつも怒っている。
何に?
貧困と無知に。そして、その前には、自分の医学の術など、砂漠に巻く水のような無力感に。

開発途上国と言われる地域で活動しているNGO達を思い出した。
 医療も大切だけれど、まず病気にならない環境を作ろう。
 そのために、現地で活動する保健ワーカーを育て、識字率を高め…、清潔な水を確保し、栄養価のある食べ物を栽培し…。

そのようなサポートがない中で、孤軍奮闘をしている診療所、人を見ずに病を診る医者ではなく、病を通して人どころか社会をみる医者のいる診療所を起点とした物語。
 赤ひげを軸とし、新米医者・保本を狂言回しとして、その間を取り持つ先輩医師・森を配して、貧困の中で、そこで生きる人々の人生を、オムニバスのように、少しずつ絡めながら描いていく。

原作未読。

性的虐待を受けたと訴える女性の症状に対して、「そんな経験をした人はたくさんいる。けれど、こんな症状を持つのはこの女性だけだ(思い出し引用)」と言い切る。”そんな経験をした人”がたくさんいる状況!!!この一言で、この映画に描かれている庶民がどれだけ人権をないがしろにされているのかを表現してしまう、その脚本!そんな風に簡潔に表現するところと、たっぷり時間をかけて表現されるところの、取捨選択、テンポが秀逸。

ごく自然なふるまいと、舞台を見ているような二人の立ち位置(保本と狂女、佐八とおなか、保本とおとよ)、独演劇場を見ているような独白(佐八やおくに、独白はないけれど六助)の緩急。診療所医師の食事風景は『楢山節考(木下監督)』を思い出してしまった。

そして、光と影を最大限に活かした場面。
 佐八の臨終ー本当におなかが来ているのではないかと思ってしまう。
 おとよが診療所に来た最初の夜。狐憑きを思わせる。
 井戸。この世とあの世を繋ぐもの。井戸をのぞき込む女たちから、井戸の水面に映る女たちに映像がかわる場面。この世とあの世がひっくり返ったようだった。

これらの脚本・演出・映像をとっぷりと堪能させてくれる役者たち。
 豪華絢爛、大御所たちをこれでもかとふんだんに使う。ウォーリーを探せ状態。お一人お一人を絶賛するとそれだけで字数オーバーになりそうなほど。
 そんな俳優たちの中にあって、おとよを演じた二木さん、公開当時16歳、長坊を演じた頭師氏公開当時10歳が、少しもひけをとらない演技で感動させてくれる。

そして音楽。

圧倒的貧困。
義理やいろいろな思惑が絡んで思うとおりに行かず、背負ってしまう業。
つらく苦しい話がベースだが、絶望だけでは終わらない。
そして、淡い恋物語が花を添え、全体を通して新米医師の成長譚として綴られ、未来を感じさせてくれる終わり方。

それにしても、赤ひげがかわいい。
 聖人君子。仏。このような立派すぎる人の話だと、へたをすると、そのりっぱさが鼻について嫌味にもなろう。
 だが、赤ひげからは嫌味さは感じられない。持ち上げられれば照れ、わざと自分のダメな部分を明かす。一生懸命、自分に対する称賛・権威を振り払おうとする。その様がかわいい。応援したくなってしまう。
 この人物をこのように愛らしく演じられる、三船氏の器の大きさ。
 この映画の一番の魅力はここだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
とみいじょん

3.0古い映画だが

2021年1月6日
スマートフォンから投稿

知的

幸せ

ここで描かれた人間の機微はすべてそっくりそのまま現代に通じるのが黒澤の凄いところ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

4.5この時代の俳優は本当に凄い。主役級のみならず脇を固める役者達の味わ...

2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この時代の俳優は本当に凄い。主役級のみならず脇を固める役者達の味わい深い演技により最初から最後まで目が釘付けとなる。貧困の中での人間の叫び、哀しみが胸に迫ってきた。香川京子の狂気、二木てるみの眼差し、井戸に向かって叫ぶシーンが心に残る。映像も脚本も黒澤映画には一分のスキもないと実感、この赤ひげも素晴らしい作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「赤ひげ」以外にこんな作品をCheck-inしています。