大剣豪の真実に切り込む「武蔵」監督が明かす、“本物”への異例のこだわり

2019年5月24日 13:00

こだわりの数々を語った三上康雄監督
こだわりの数々を語った三上康雄監督

[映画.com ニュース] 「“本物”であればあるほど、人は感動します。見ている方々の心を動かそうと思ったら、しんどいこと、危ないこともしないといけない」。そう語るのは、約6年かけてオリジナル時代劇「武蔵 むさし」を作り上げた三上康雄監督。撮影の日々を振り返ってもらうと、現代では異例ともいえる強いこだわりの数々が明らかになった。

三上監督が脚本・製作を兼ねた、史実に基づくオリジナルストーリーが展開する本格時代劇。小次郎の年齢を50歳半ばに設定し、若さみなぎる武蔵と円熟の小次郎による巌流島の決闘などを群像劇として描く。武蔵を細田善彦、小次郎を松平健が演じるほか、目黒祐樹水野真紀若林豪中原丈雄清水紘治原田龍二遠藤久美子武智健二半田健人木之元亮らが共演する。

中学から大学にかけて剣道の稽古に励んできた三上監督にとって、武蔵は憧れの人だった。これまでも数々の作品で武蔵が描かれてきたが、「今までの武蔵はマーベルのヒーローみたいに遠い人という感じがした」といい、「実は剣聖でもない、剣豪でもない、我々と変わらない“人間・武蔵”という部分を一番見てもらいたいんです」と、自ら史実を検証した結果を映画で表現することを選んだ。

監督以外にも、脚本・製作・編集をひとりでこなしたからこそ「全部とことん突き詰めるから作品ができる」と妥協はせず、「一個一個が自分のなかで納得していく作業。逆に言えば、納得していないものを人に見せたらいけないと思う」と力を込める。

長回しで撮った決闘シーンにおいては、ことさら“本物”の迫力を求めた。松平や目黒には、使用する刀に違和感がないよう、撮影前の早い段階から刀をわたしていたという。「特に、目黒さんには撮影の2年ぐらい前から刀をわたしました。『(目黒が演じる)沢村大学の刀ですよ、沢村が沢村の刀を持って現場に来てください』と言いました。目黒さんの刀の使い方は本当にすごかったです。所作の先生の道場に40回も自腹で通って、真剣で藁を切ることにも挑んだそうです。撮影していて、ここにいるのは目黒さんなのか沢村さんなのかわからないっていうこともあった。本物を撮ろうと思ったら、まずは本物を作ること。抽象的な言い方だけれど、本物の状態にまでなれば“本物”が撮れる」。

自身が納得できるまでこだわった結果、劇中に登場する畑の大根は約1年かけて種から育てて撮影に使用した。しかし、大根にクローズアップされた場面はなく、物語の一風景として通り過ぎていく。「こだわって撮ったって、見ている人には関係ないことです。ただ、いい加減なものでごまかして自分を甘やかしてはいけないという思いがあったんです。昔、黒澤(明)さんも『赤ひげ』のときに、カメラには映らない棚の引き出しの内部に色が塗っていないのを知って、役者さんが見たらそれが表情に出ると怒ったという話がありました。結局、そういうことだと思います」。

そんな三上監督の映画作りにおける原点は、尊敬するスタンリー・キューブリック監督にあるそうで、本作にもその影響が色濃く反映されている。「本作を読み解くキーワードは、キューブリックです。映像で語ること。セリフで説明してはいけない。1コマ1コマをデザインする。左右対称の画にするために、役者さんに『右に1センチ動いて』って細かく動かして撮影していました。徹底してこだわり抜くキューブリックは、僕の師匠です」。

キューブリックの揺るぎなきこだわりを継承するオリジナルの時代劇映画が誕生し、「リアルさ、本物では大概の時代劇には勝ったと思っている。オンリーワンじゃない、ベストでしょう」と胸を張った三上監督。満足できるまで本物にこだわったからこそ、その言葉にも自信がにじみ出ていた。

武蔵 むさし」は5月25日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース