“本物の武蔵”とは?史実に基づく「武蔵 むさし」ティザービジュアル公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月30日 > “本物の武蔵”とは?史実に基づく「武蔵 むさし」ティザービジュアル公開
メニュー

“本物の武蔵”とは?史実に基づく「武蔵 むさし」ティザービジュアル公開

2018年8月30日 08:00

三上康雄監督が描き出す「本物の武蔵」とは?「武蔵 むさし」

三上康雄監督が描き出す「本物の武蔵」とは?
(C) 2019 三上康雄事務所
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界12カ国で上映された「蠢動 しゅんどう」の三上康雄監督がメガホンをとり、2019年初夏に公開される時代劇「武蔵 むさし」のティザービジュアルが公開された。歴史のうねり、そこで巻き起こる波乱の物語を暗示させるビジュアルには、「本物の武蔵」の文字が躍っている。

三上監督が脚本・製作を兼ねた、史実に基づくオリジナル本格時代劇。孤高の若き剣豪・武蔵(細田善彦)と足利将軍家の兵法で師範を務めた剣法の名門・吉岡一門、鎖鎌使いの宍戸、槍使いの奥蔵院道栄、そして老境に達し剣を極めた佐々木小次郎(松平健)の戦いを群像劇として描く。細田と松平に加えて、目黒祐樹水野真紀若林豪中原丈雄清水紘治原田龍二遠藤久美子武智健二半田健人木之元亮ら、世代を超えた俳優陣が集結する。

ティザービジュアルの公開に合わせて、三上監督は「複雑化する群像劇を、日本映画界に欠かせぬ俳優陣、時代劇映画に精通したスタッフ、オールロケのリアルな映像、武道をベースにした迫力の殺陣シーン、オリジナルの刀の製作など、とことん本物にこだわり、徹底して描きました。史実を事細かく調べると歴史のうねりという一本の太い線となり、武道を探求すると武蔵の勝因が理解できました。本作では、歴史のうねりを縦軸に、武蔵の正義、吉岡一門の正義、小次郎の正義、細川家の正義、公儀の正義の激突を横軸に、過去、誰もが描かなかった『本物の武蔵』の映画に挑みます」とこん身のコメントを寄せている。

武蔵 むさし」は、19年初夏に全国で公開。

(映画.com速報)
蠢動-しゅんどう-[DVD] 蠢動-しゅんどう-[DVD] 最安価格: ¥3,633 三上康雄監督が1982年に製作した16mm作品「蠢動」をセリフリメイクした本格時代劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi