資材メーカーの元社長がメガホンをとった自主製作時代劇が公開 若林豪に聞く

2013年10月18日 07:00

物語の鍵を握る城代家老を演じた若林豪
物語の鍵を握る城代家老を演じた若林豪

[映画.com ニュース] 大阪府東大阪市の建設資材メーカーの元社長・三上康雄氏が自主製作した時代劇映画「蠢動 しゅんどう」が、10月19日に公開される。物語の鍵を握る城代家老・荒木を演じた俳優の若林豪に、時代劇映画の魅力を聞いた。

学生時代に自主映画を数本製作した経歴を持つ現在54歳の三上氏が、「(現代に)自分の見たい時代劇映画はない。だから、自分でつくる」という信念のもとに、監督・脚本を手がけ完成させた本作。立ち回りなど時代劇ならではの要素をふんだんに取り入れた正統派の時代劇で、武士道の義を貫こうとする剣術師範役を平岳大、若き藩士役を脇崎智史が務めている。

他業界からやって来た無名監督のオファーにもかかわらず、出演を快諾したという若林。その理由について「三上監督は映画が好きで好きでしょうがない。情熱は誰にも負けないと思うんです。だからその熱意に負けた」と明かす。そして「今こういう映画がないんですよ。だから、『よくぞこういうのをやってくれた!』と思います」と笑みを浮かべた。

今年9月に74歳を迎えた若林だが、自身のキャリアに関して驚くほど控えめだ。今回の役については「自分がやって迷惑をかけないかどうか。私の年齢で、背伸びせず浅い知識の中でやれるかどうかを第一に考えた」と話し、「僕、恥ずかしくて(自分の出演シーンを)見られないんですよ。映画でもテレビでも。『まだこれくらいしかできないのか』と、いつも役者を辞めたくなっちゃうんです(笑)。へたくそだから。これ以上恥をかくのが嫌だから辞めようと思うんです」と一貫して謙虚な姿勢を見せる。

だがやはり出演作への思い入れは深い様子。本作が描く人間ドラマの普遍性について触れると、「現代に通じるものがある。まったく時代劇と考えないで見ると、サラリーマン社会と同じなんです。お家を守るため、藩を守るために理不尽なことが行われる。死ななくてもいい人が死んだりする」と、根底にあるテーマを語る。

今のサラリーマン社会についても深い洞察を示し、「みんな大変なところで生きている。特に40代、50代は組織のために理不尽なことを強いられたりして、そういうことを潜り抜けながら生きているわけでしょう。昔は昔の大変さがあったけど、今の方が大変ですよ。地道にコツコツ勉強しても、コンピューターとかそういう物が不得手な人は、優秀でも歯車に入っていけない。そういう人が今一杯いて苦しんでいる。だから今は幸せな時代ではないんです。汗をかいて頑張っても、どうにもならないこともある時代」と持論を展開した。

しかし、だからこそ応援したいと熱い気持ちもにじませ、「降りかかる火の粉は上手にはらって、頑張ってほしい。色々なやり方があるはず。そういう人たちに、この映画で何か感じてもらえたら何より。正しい見方はない、それぞれの見方で楽しんでもらえれば、それだけでいいと思っています」と力強く語った。「蠢動 しゅんどう」は10月19日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
蠢動-しゅんどう-
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
江戸の牙 DVD-BOX[DVD]

江戸の牙 DVD-BOX[DVD]

最安価格: ¥27,170

法で裁けぬ悪を斬る影の組織「江戸の牙」の活躍を描いた傑作時代劇!出演は天知茂、若林豪ほか。
竜馬がゆく DVD-BOX[DVD]

竜馬がゆく DVD-BOX[DVD]

司馬遼太郎原作の名作小説を壮大なスケールと豪華キャストでドラマ化!幕末の動乱期を駆け抜けた風雲児・坂本龍馬の生涯を描いた時代劇巨編。萬屋錦之介、若林豪ほか出演。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「シン・仮面ライダー」池松壮亮&浜辺美波が並ぶ新ポスター 重要キーワードは「信頼」【3日連続解禁第2弾】

    1

    「シン・仮面ライダー」池松壮亮&浜辺美波が並ぶ新ポスター 重要キーワードは「信頼」【3日連続解禁第2弾】

    2022年12月4日 13:00
  2. 井上麻里奈&水瀬いのり「映画ドラえもん のび太と空の理想郷」参戦! 世界を救うカギは「僕らの『らしさ』」

    2

    井上麻里奈&水瀬いのり「映画ドラえもん のび太と空の理想郷」参戦! 世界を救うカギは「僕らの『らしさ』」

    2022年12月4日 10:00
  3. 【「マッドゴッド」評論】狂気の地獄巡りを映像化した壮大にして荘厳なストップモーション・アニメ

    3

    【「マッドゴッド」評論】狂気の地獄巡りを映像化した壮大にして荘厳なストップモーション・アニメ

    2022年12月4日 08:00
  4. 【評論「ブラックアダム」】暴力による復讐は是か、否か? 社会の憤怒の爆発を予言するかのような、示唆に富んだ一作

    4

    【評論「ブラックアダム」】暴力による復讐は是か、否か? 社会の憤怒の爆発を予言するかのような、示唆に富んだ一作

    2022年12月4日 11:00
  5. 「今際の国のアリス」シーズン2、本予告&キーアート完成 ブラジルコミコンで初披露

    5

    「今際の国のアリス」シーズン2、本予告&キーアート完成 ブラジルコミコンで初披露

    2022年12月4日 12:00

今週