紀州の暴れん坊(1962)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

渡辺哲二の原作から、「旗本退屈男 謎の珊瑚屋敷」の中川信夫が脚色・監督した時代活劇。撮影もコンビの三木滋人。

1962年製作/83分/日本
配給:東映

ストーリー

徳川御三家の一つ、紀州家の次男坊源六郎は父の厄年に生れたため、南海の大自然の中で、円妙寺の俊海和尚と乳母お浜に育てられ、暴れん坊ではあるが、正義と勇気を備えた青年としてたくましく成長した。しかし、兄頼職が病弱なのでお守役加納将監は源六郎に帰城を勧めるが、お浜と別れてまで、自分を捨てた親の許に帰る気はないという。源六郎の幸福を願うお浜は、手紙を残して何処かへ去った。城代家老本間主水らは分家の光千代君を世継に推そうとした。そのためには、お浜を源六郎から離さなければならない。一味は、お浜を巧みに源六郎から遠ざけ、お浜を追って宇治山田の宿に着いた源六郎に刺客を向けた。危うく源六郎は頬かぶりの男に救われた。翌朝、困っている漁師に同情のあまり、殺生禁断の高札を引き抜いた源六郎は、駈けつけた役人と昨夜の頬かぶりの男--実は山田奉行の大岡忠相に捕えられ、寺へ送り戻された。頼職の病勢悪化に心を痛めた将監は、御機嫌とりに初瀬東馬という許婚まである藩中一の美女珠江を側女として差し出すが、源六郎は一顧も与えない。珠江との仲をさかれた東馬は、刺しちがえる覚悟で円妙寺に忍び入り、源六郎に手傷を負わされた。ある朝、源六郎は海辺で浜木綿の花にも似て美しい海女のおいくと知り合い、二人の間に恋が芽生えた。一方、暗殺に失敗した主水は鯨祭りの夜、浪人神子三郎兵衛ら数人の刺客を放って源六郎を狙わせた。そのとき傷ついた源六郎は、おいくに案内された付近の家で、はからずもお浜と再会することができた。頼職が危篤に陥るや、大岡忠相はおいくに身をひかせ、「真底好きなら日本一の男になれ!」と源六郎を戒めた。かくて、自分の行動に反省した源六郎は、またしても襲いかかる神子ら一味を東馬の働きで退け、城に帰った。瀕死の頼職は立派に成長した弟の姿に、微笑をうかべて眼を閉じた。数日後、悪の亡びた和歌山城に大岡忠相が妹を伴って現れたが、妹とは盛装したおいくであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る