旅はお色気

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「赤穂浪士(1961)」の小国英雄の脚本を新人黒田義之が監督した明朗時代劇。黒田監督は昭和三年生れ、立命館大学卒後、大映京都に入り、伊藤大輔、安田公義らに師事した。撮影は「天下あやつり組」の本田平三。

1961年製作/70分/日本
配給:大映

ストーリー

豊岡藩の若侍秋月新之助は叔父から江戸の大目付柳生大和守への手紙を託され旅に出ることになった。ところが、三条大橋で知り合った易者白雲堂から女難の相ありと言われたとたん、国元から追っかけて来た満枝、朱実につきまとわれる。白雲堂は女難除けに新之助と同行することになった。京の町はずれで浪路という女と知り合った新之助は京都所司代板倉豊前守の配下に取り囲まれた。豊前守は専横の振舞い多く、関白鷹司卿は大目付に事の真相を訴えんと娘のまり姫を密使として江戸へ送った。これを知った豊前守が京を去る娘を調べていたのだ。新之助は得意の無手勝流でこれを追いはらった。草津の町に入った新之助らは再び豊前守の配下に追われ、鳥追い女お加代に救われる。白雲堂は女難控帳を作り三条から草津までイロハ順に記入し始めた。大山附近では、関白鷹司卿のまり姫と名乗る娘に抱きつかれた新之助は、附き添いの女中おそのより彼女は織物間屋のお嬢さんであるが狂人であることを知らされる。そこへ来合わせた虚無僧伊賀伝八郎に新之助は勝負を挑まれた。伝八郎は同門の剣客で、新之助に敗れたのがきっかけで酒に身をもちくずしていた。しかし、お加代の短銃に二人の死闘は中止になった。熱田の宿に入った新之助は、女やくざおまんがまり姫として豊前守の配下に捕えられているのをみて驚いた。しかし、白雲堂としめし合わせまんまと救出に成功した。必死になった豊前守配下の一行は、箱根に厳重な警戒網を張った。ここも白雲堂の知恵で、新之助を柳生大和守舎弟として通過してしまった。これを知った殺し屋の一隊は、伝八郎を先頭に新之助一行に追い討ちをかけて来た。伝八郎は新之助に一騎打ちを申出た。真剣勝負なら勝てるという伝八郎も木剣試合の時と同じように敗れた。その間おそのとおきくは捕えられ、密書は奪われた。女中のおそのがまり姫だったのだ。千代田城評定の間、大和守と豊前守が対決した。ところが意外にもそこへ新之助が現われた。彼は大目附柳生大和守の本当の弟であったのだ。豊前守の悪事は残らず暴れてしまった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る