団鬼六 <黒い鬼火>より 貴婦人縛り壷

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

借金のため、恋人も捨てて嫁いだ没落士族の娘が、苦しみながらも愛を求める姿を描く。脚本は「夢野久作の少女地獄」のいどあきお、監督も同作の小沼勝、撮影は「(秘)ハネムーン 暴行列車」の森勝がそれぞれ担当。

1977年製作/73分/日本
配給:日活

ストーリー

昔ながらの花嫁行列が大地主の笠井家へ向かっていた。浪路の美しさに魅せられた笠井が、借金をかかえていたことに目をつけ、金の力で浪路を嫁がせたのだった。浪路には吉野という恋人がいたが、断腸の思いでふり切って来たのである。嫁入りしてから六ヶ月の間、毎日土蔵の中では笠井が全裸の浪路を縛り上げ、異常とも思える欲望を爆発させていた、ある日、笠井の妹・秋子が笠井を訪ねてきた。秋子も子供の頃から異常な兄に、どこか似たところがあった。笠井家に信吉が奉公に来る。純情な信吉に浪路は好感を持ち、秋子は淫らな欲望を感じた。ある日、浪路は、町へ使いに行く信吉に一通の封書を託した。それは、かつての恋人・吉野へ、窮状と変らぬ思いを訴えたものだった。帰ってきた信吉を、秋子は湯殿で誘惑する。その夜、信吉が吉野から預った封書を浪路に渡そうとした時、秋子が現われそれを取りあげてしまった。翌日、土蔵の中では、浪路と信吉が縛られていた。しばらくすると、木製の檻の中で、笠井は信吉に浪路を責めさせた。そこへ、浪路への愛を慣く覚悟を決めた吉野が現れる。笠井の異常さは増し、村人を集めて吉野と浪路を抱かせた。優しく結ばれようとする二人を笠井は強引にひき離し、浪路を荒々しく犯していった。村人もその光景に興奮し、あちこちで騒動が起こり、混乱し始める。その騒ぎにまぎれて、信吉と浪路は山奥に逃げこんだ。信吉は浪路を静かに愛そうとするが、笠井の異常な愛を教えられた浪路は、苦痛を伴う愛を求めた。信吉は、そんな浪路に絶望し、姿を消した。浪路も笠井の異常な愛にたぐりよせられるように、自ら村へと向うのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く