団鬼六

団鬼六
英語表記
Oniroku Dan
別名
黒岩幸彦
誕生日
1931年9月1日
出身
日本/滋賀

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

滋賀県彦根市出身。12歳のときに一家で大阪へ引っ越し、高校時代から戯曲の執筆を始める。55年、関西学院大学法学部を卒業後に上京。57年、「親子丼」が文藝春秋のオール新人杯に入選する。翌年、短編集「宿命の壁」を出版しデビュー。学生相場師の活躍を書いた「大穴」が松竹で映画化される。バーの経営に乗り出すが軌道に乗らず荒れた生活を送る。花巻京太郎のペンネームで投稿した「花と蛇」が好評を博し、英語教師をしながら団鬼六の名で同作を連載する。ピンク映画の脚本家としても順調にキャリアを積み、女優・谷ナオミと出会いヒット作を連発。自身が設立した製作プロダクション「鬼プロ」や日活ロマンポルノで一時代を築く。88年に断筆宣言をするも、95年に復帰作「真剣師 小池重明」を発表した。その後も「外道の群れ」「美少年」「牛丼屋にて」などが出版されている。

関連作品(映画)

団鬼六の関連作品(映画)をもっと見る

関連動画・予告編

団鬼六の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

団鬼六の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「団鬼六」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「団鬼六」さん以外にこんな人をCheck-inしています。