チロヌップのきつね

劇場公開日

100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北の海にあるチロヌップという小さな島に住む、キツネたちを主人公に母子の愛を描く。高橋宏幸原作の同名絵本のアニメ化で、脚本は「きみが輝くとき」の松山善三、監督は「六神合体 ゴッドマーズ」の今沢哲男がそれぞれ担当。

1987年製作/72分/日本
配給:ヘラルド・エンタープライズ

ストーリー

北の海に浮かぶチロヌップという小さな島。春、きつねざくらが咲く頃に二匹のきつねが生まれた。父親ぎつねのケン、母親ぎつねのチンは男の子にカン、女の子にコロと名づけ平和に暮らしていた。毎年、この時期になると老夫婦がこんぶを採りにやって来る。彼らはお地蔵さんの前で、親からはぐれてしまったコロと出会い、自分達の子供のように可愛がった。秋になり、日々戦争が激しくなったため兵隊たちが島にやって来た。兵隊はきつねの毛皮欲しさに、きつね親子を狙いカンとケンは鉄砲で撃たれてしまう。家族のもとにもとったコロも兵隊の仕掛けた罠にはまり、身動きができなくなってしまう。そんなコロにチンは一所懸命にエサを運んだ。やがて冬になり、雪が降り始めた。チンは歩くのもつらくなりエサを運べなくなる。抱き合ったチンとコロの上に雪が降り積っていく--。時は流れ、戦争も終り春が来た。チロヌップ島に戻ってきた老夫婦は、きつねざくらが二匹の親子ぎつねのようにかたまって咲いているのを見つけた。そばには妻がコロの首につけた鈴が落ちていた。妻は鈴を抱きしめ、二人はいつまでも立ち尽していた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

5.0実際にこの様な事はあっただろうと思い、辛いです。

しろ子さん
2021年5月29日
スマートフォンから投稿

絵本を所持していましたので、子供の頃観ました。
子供ながら、けなげなきつねの家族に、なんて事をしてくれたんだと、、
体が震える程、兵隊に怒りを憶えました。
戦争はなんの罪もない動物達まで巻き込み、巻き込まれた動物達は人間の様に文句も云わず、です。
動物達は毛皮がなければ生きていけません。
うんざりする程物に溢れた今日、なぜ毛皮がほしいのか、意味がわからない。
それと、ディスク化されていないのが、非常に残念です。
子供達に未来を託すなら、是非観せてあげてほしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
しろ子
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る