カールじいさんの空飛ぶ家

ALLTIME BEST

劇場公開日

カールじいさんの空飛ぶ家
24%
50%
22%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

亡き妻エリーとの思い出が詰まった家にひとり静かに暮らしている78歳のカールじいさん。だが、周囲の再開発でその生活が失われそうになったある日、エリーの夢だった南米奥地の秘境を目指すため、人生最後の大冒険に出ることを決意。家に大量の風船をつけて大空へと飛び立つ。ピクサーの長編第10作で、監督は「モンスターズ・インク」でリー・アンクリッチと共同監督を務めたピート・ドクター。

2009年製作/103分/アメリカ
原題:Up
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第82回 アカデミー賞(2010年)

受賞

長編アニメーション賞  
作曲賞 マイケル・ジアッキノ

ノミネート

作品賞  
脚本賞 ピート・ドクター ボブ・ピーターソン トーマス・マッカーシー
音響編集賞  

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)

受賞

最優秀作曲賞 マイケル・ジアッキノ
最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0好きだわ

UNEmiさん
2020年11月26日
PCから投稿

「じいさんがただ風船のついた家で飛ぶだけだよ」って言われたけど、大人だから楽しめる気もする。
ラッセルがいい!
ちょっとほっこりしたい大人向け。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

4.5評判通り!!

yoneさん
2020年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画館で上映されてたときに「絶対観に行こう」ってずっと思ってたんだけど、結局観逃してしまってた映画。

こないだゲーム目当てでPS3を購入し、おまけとしてブルーレイが観れるようになったので、GW中ってこともあり、ちょうどよいのでこの映画のブルーレイを借りてみた。

製作はPIXAR。
このスタジオの作品は大好き。
「モンスターズ・インク」や「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」などなど。初のフルCGアニメ「トイ・ストーリー」もここのスタジオ。

元々PIXARは1986年に1度Apple社を退社したスティーブ・ジョブズ(および数名)が買収した会社。Wikipediaで改めて調べてみたけど、一躍PIXARの名を知らしめた「トイ・ストーリー」は1995年作品。買収から10年近くPIXARスタジオは日の目を見なかったことになる。

で、ディズニーとはずっと共同制作してたらしい。PIXARは自社独立したかったらしいけど、色々あった末に2006年に結局ディズニーがPIXARを買収、完全子会社となる。劇場版のディズニーアニメは1990年中頃の「美女と野獣」や「アラジン」「ノートルダムの鐘」の頃がピークで、その後の作品は全く観たいと思わず実際観ていない。正直、映画制作の世界ではディズニーアニメは完全に凋落しているので、資金面だけでもPIXARを支援してもらえるのは、ファンとしては嬉しいところ。

閑話休題。。。
前置きが長くなりすぎました(笑)

さて、この「カールじいさんと空飛ぶ家」。実は冒頭の5分ほどは、映画公開当時にテレビで「冒頭5分だけノーカット映像お見せします!!」って番組観たことがあり、導入部だけは知ってた。

いや、はっきり言わせてもらうけど、この映画、この導入部だけでいい(笑)

短い尺の中で、カールじいさんとエリーばあさんの一生がすごくコンパクトにまとめられてて、これだけで1つの作品になってると思う。

その後のストーリーは「おまけ」かな。。まぁ、長い「おまけ」なんだけど(笑)
家を空に飛ばすきっかけになった暴力事件とか、子どもの頃憧れた冒険家が敵になってしまうってのも、考えてみれば悲しい話。正直、ストーリー自体はあまり観るべきところは無かった。

この作品が素晴らしいのは「映像(アニメーション)」の力。
冒頭の導入部もまさに映像の力だし。ケヴィンやダグの愛らしさも映像だからこそ。ダグいいわ~!!観てたら犬飼いたくなってきたもの(笑)

音楽もいいけど、空飛ぶシーンの音楽は、明らかに「80日間世界一周」の影響受けてるように思う。気球(風船)で空飛ぶとこも似てるし。この作品も大好きなんだよね~♪思い出したので、今度久々に観てみよう!!

いずれにせよ、この作品が、どの年代の人が観ても楽しめるアニメであることは間違いないです。

評判通り、素晴らしい作品でした!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone

4.0愛情あふれる最高のホラ話

2020年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幼き日のカールじいさんと、その妻となったエリーの幼き日を描いた冒頭の10数分のシークエンスがまず素晴らしい。陳腐な言い方だけど、まさに掴みはOKってやつ。あれは、ピクサーの製作陣の『カールじいさんのキャラクターをとにかく丁寧に描きますよ』という決意表明でもあると思う。

そもそも風船の力だけでアメリカから南アフリカの秘境まで飛べるわけもない(?)のだが、キャラクターに対して愛情を注ぎ、丁寧に描いているからこそ、その夢物語に対して観客は感情移入をせざるを得ないのが見事。

また、高齢のおじいさんがあれだけの冒険をできるはずもないだろう、と、うがった見方をしてみたくもなるが、ピクサーの製作陣はアニメでしか描けない手法を駆使して、その夢物語を最高のホラ話に仕上げている。そういう意味で、本作は、映画を成功させる上で、いかに魅力的な主人公を登場させることが重要かを改めて訴えている。全ての映画好きにオススメしたい1本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
senden_daddy

4.0めっちゃ泣ける

ジュンさん
2019年3月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

幸せ

レビュー2本目

合計2回見ました。飛行機とDVD。
めちゃくちゃ泣ける、とにかく泣ける。
僕は製作者が泣いてほしいポイントで、ほぼ必ず泣くので単純に涙もろいのかもしれないけど。
開始15分で泣ける。

展開は裏切られることなく、安定して進む。
やはりPIXARは安心して見ることが出来る。
最後もハッピーエンドで終了。
ラッセルのお父さんだけ、ちょっと気になるな、何か見落としてるかもだけど。

また泣きたくなったら見ようかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジュン
すべての映画レビューを見る(全93件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「カールじいさんの空飛ぶ家」シリーズ関連作品

他のユーザーは「カールじいさんの空飛ぶ家」以外にこんな作品をCheck-inしています。