姉日記

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

夏の海を舞台に、ギリギリのところで揺れ動く姉と弟の関係を描く。脚本は「女猫」の桂千穂、監督は「美少女プロレス 失神10秒前」の那須博之、撮影は「夕ぐれ族」の水野尾信正かそれぞれ担当。

1984年製作/66分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

宮坂六月と林太郎は仲のいい姉弟だ。六月は大学のホテル学科を出て、海辺のリゾートホテルで支配人を夢見て働いている。林太郎はまだ高校生だが、ノーパン喫茶で働く優子と東京で暮らしている。横浜で建築デザイナーをしている吉田繁也は、六月が気に入ってホテルに通いつめている。吉田の妻、日出代は六月の存在に気付き、激しく嫉妬している。また、日出代には清志という弟がおり、姉に対し愛にも似た感情を抱いていた。六月と繁也が、夜の湘南をデートしていると、林太郎が繁也に襲いかかってきた。林太郎も姉に思いを寄せており、繁也に嫉妬したのだ。六月は傷を負った繁也をホテルに連れていき、そこで二人は体を重ねた。翌日、帰って来た繁也に日出代が掴みかかる。林太郎が電話したのだ。六月は家で繁也との不倫の関係を思い悩んでいると、ズブ濡れの林太郎がやって来て、姉の布団にもぐり込んできた。乳首に唇をはわす林太郎に、六月は他人とは違う強烈な刺激を感じるが、次の瞬間、メンスが始まり、危険な関係には到らなかった。林太郎は姉と別れるように説得しようと繁也の家を訪ねるが、彼はおらず、日出代に誘われて別荘に行く。一方、繁也と六月も別荘に向かっており、日出代の部屋からガラスの割れる音が聞こえたので、二人は室内を覗くと、林太郎が倒れていた。その脇で清志が日出代を抑えこみ、激しく腰を動かしていた。悦楽の声をあげ、狂ったように清志を駈りたてる日出代。騒然とした雰囲気にいたたまれず、思わず飛び出していく六月。六月はモヤモヤした気持ちをふっ切るため、林太郎の目の前で自慢の髪をバッサリと切るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く