宇能鴻一郎の人妻いじめ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
3.00
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

郊外にマイホームを買った新婚夫婦の生活を描く。宇能鴻一郎の同名の小説の映画化で、脚本は「冒険者カミカゼ」の桂千穂と同作の内藤誠の共同執筆、監督は「女事務員 色情生活」の白鳥信一、撮影は「悪魔の部屋」の水野尾信正がそれぞれ担当。

1982年製作/65分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

21歳の彼女は、中学の教師をしている好男と結婚したばかりの若い人妻。郊外にマイホームを手に入れたが、ローンの返済が大変なので、英語の教師をしている郁代さんを二階に下宿させることにした。郁代は熟れきった年頃の女性で、好男は背中なんかを流したり、サービスに夢中になり、彼女は怒って姉の家に逃げてしまった。しかし、姉の家では義兄が、夜になると迫ってきた。危ういところで姉に救われたが、今度は二人が隣の部屋で愛し始めてしまい、その呻き声に彼女はたまらず家に戻ってしまう。一方、家では郁代が婚約者の八也を連れ込んでいた。部屋代を請求に行くと、郁代は好男に体で払ったからと居直ってしまう。そこで、彼女はもう一人の姉、元暴力バーに勤めていた昭子を呼んだ。昭子は八也を誘惑して自分を抱かせると「明日、主人が刑務所から出てくる」と話した。驚いた八也は、郁代を連れて逃げだしてしまった。その夜、久しぶりに二人だけになった彼女と好男は、気がねなく、大声をあげて愛し合った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「宇能鴻一郎の人妻いじめ」以外にこんな作品をCheck-inしています。