黒い下着の女

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

会社の金を横領した女とその恋人との逃避行を描く。脚本は「ズームアップ 暴行白書」のいどあきお、監督は「未亡人の寝室」の斉藤信幸、撮影は「マダム・スキャンダル 10秒死なせて」の山崎善弘がそれぞれ担当。

1982年製作/68分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

吉崎麻美は会社の金、五百万円を横領して恋人のマモルと、東京の友人、安本の下宿に逃げ込んだ。スナックに勤め始めた麻美は、そこで名も知らぬ男や家出した妻を捜す須藤と知り合った。客の男たちと夜を過ごし、下宿に帰らない麻美にイラつくマモルも、近所のラーメン屋の店員、トキ子と親しくなった。一方、いつもは男と寝ると金を貰う麻美も、須藤の事情には同情し、金に手を出さない。数日後、マモルの行動に不審を抱いた麻美は、トキ子のアパートをつきとめ、そこに押しかけると、そのまま住みついてしまった。翌日、麻美は須藤の妻、公子と出会った。不安になった公子は、駆け落ちの相手、蟹江と心中をしてしまう。トキ子にののしられた麻美は、マモルと一緒に、車を盗んで再び逃げだした。途中、男の子を誘拐すると、身の代金を要求した。しかし、パトカーの追跡に、気の小さいマモルはショック死してしまい、放心した麻美は、彼の名を呼び続けながら抱きすがるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る