ミケット

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロベール・ド・フレールとG・アルマン・ド・カイヤヴェ合作のブールヴァール芝居“Miquette et sa Mee”の再映画化で、ジャン・ボワイエがジャック・シャバンヌと脚色、そしてボアイエ自ら台詞を執筆して監督に当った。出演はダニエル・クレリス、マルグリット・ピエリー、レオン・ベリエール、アグネス・カプリ、シュザンヌ・ダンテスなど。撮影はビュジャールその他、装置はジャック・ローラン・アタラン、音楽はジャーヌ・ボス、歌はジョルジュ・ヴァン・パリスである。ちなみにこれはリリアン・ハーヴェイの渡仏第二回出演映画である。第一回出演映画は「セレナーデ」だ。

1940年製作/フランス
原題:Miquette

ストーリー

ミケット(リリアン・ハーヴェイ)は、ある小さな町で母親の経営している煙草屋の会計をつとめに、イギリスから帰って来た。彼女の美しい姿は町中の男達の憧憬となり、ラ・トゥール・ミランド侯爵(アンドレ・ルフォール)もその甥のユルバン子爵も彼女に想いを捧げる。そのうちにモンシャブロン(リュシアン・バルウ)という風来坊の介在から、ミケットはパリに逃げ出して、キャバレーで踊子になる。だが最後にはユルバンと結ばれてまた町に帰って行く。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く