女の平和

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「空と海の間に」のクリスチャン・ジャック監督で、ギリシャの詩人アリストファネスの有名な喜劇「女の平和」を扱ったもの。脚色と台詞は「空と海の間に」のジャン・フェリーと「アンリエットの巴里祭」のアンリ・ジャンソン、「花咲ける騎士道」のクリスチャン・マトラがイタリアのラファエル・マシオッキと共に撮影。主演は「歴史は女で作られる」のマルティーヌ・キャロル、「嵐の女」のラフ・ヴァローネ。

1953年製作/フランス
原題:Lysistrata
配給:東和

ストーリー

紀元前四二年頃、アテネではスパルタといつ終るとも知れない長い戦争の結果は、若い男は戦場に出てしまう。かくてはならじと起ち上ったのは、カリアス将軍の妻リシストラータ(マルティーヌ・キャロル)である。彼女は女性を糾合し議会へ停戦の談判に押しかける。驚いた議員達は女軍鎮圧をカリアス将軍(ラフ・ヴァローネ)に命じた。将軍は市場から食料と名のつくものを締め出す。リシストラータは、戦法を百八十度転回し「私達は一斉に夫を近ずけないようにしましょう」--この爆弾宣言は、女性軍全員の賛成を得る。この戦法は効果的で、アテネの男達はスパルタとの戦を放棄して、家庭に戻り、再び愛と平和がよみがえる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る