L型の部屋

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

リンネ・リード・バンクの原作を、「汚れなき瞳」のブライアン・フォーブスが脚色・監督した風俗ドラマ。撮影は「フロイド」のダグラス・スローカム、音楽はブラームスのピアノ・コンチェルトを使い、ジャズの部分はジョン・バリーが担当した。出演は「がちょうのおやじ」のレスリー・キャロン、「星空」のトム・ベル、「ダンディー少佐」のブロック・ピータース、「007/ゴールドフィンガー」のバーナード・リーほか。製作は「女が愛情に渇くとき」のジェームズ・ウルフ、「汚れなき瞳」のリチャード・アッテンボロー。

1963年製作/イギリス
原題:The L-Shaped Room

ストーリー

ジェーン(L・キャロン)はフランスの片田舎に育った娘だが、陰気な空気をきらってとび出し、英国人の家庭に住みこんで働くようになった。そのとき、失業中の俳優とのあやまちから彼女は妊娠し、結局その家を出ることになった。一度は堕胎を考えたが思いとどまり、新しい生活を始める決心をした。引っ越したアパートは板仕切りで、L型になっていた。仕切りの向うには黒人のジャズ音楽家ジョニー(B・ピーターズ)が、一階下には作家志望のトビー(T・ベル)が住んでいた。ジェーンと二人の青年は、その日のうちに友だちになった。ジェーンは食堂のウェイトレスとして働くようになったが、妊娠していることはジョニーしか知らなかった。それだけに彼はジェーンのことを心配し、なにくれとなく面倒をみるのだった。しかし、何も知らないトビーと彼女の間は目に見えて親しさを増し、ある夜二人は結ばれた。それを知ったジョニーは翌朝、トビーに彼女の身体のことを話した。その日の夕方、トビーはアパートから姿を消した。クリスマス・イヴの日、家主の部屋でパーティを開いている最中、ジェーンが産気づいた。病院に姿を見せたトビーは「L型の部屋」と題した小説の原稿をおいていった。しかし、退院したジェーンはフランスへ帰る決心をした。トビーのタイプライターの上へ原稿と手紙を残して彼女は去った。「すばらしい小説です。でも終りがあったら、もっとすばらしいと思います」

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る