ペリカンと少年

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ボリス・ドーリンとアナトリー・ザーダンの脚本を、ボリス・ドーリンが監督した、盲目のペリカンと少年の愛情物語。撮影はユーリー・ベレンシュティン、音楽はエフゲニー・トゥーマニヤンが担当した。出演はヴォロージャ・アゲイエフ、オレーグ・ザーコフほか。

1963年製作/ソ連
原題:The Blind Bird
配給:大映

ストーリー

中央アジアの美しい湖のほとりに、十二歳の少年ワーシャ(V・アゲイエフ)とおじいさんが湖にくるたくさんのペリカンを世話していた。その中に一羽の盲目のペリカンを見つけた少年は家につれて帰り、ペルカと名づけた。餌をあたえ、一緒に生活するうちに、ペルカと少年の間に奇妙な友情が生れた。秋が来て、ペリカンたちは次々に南の国へ飛び立って行った。しかしペルカは飛ぶことが出来ない。冬中、少年のそばで暮し、再び春が来た。その頃少年は、モスクワに有名な眼科医がいることを知り、ペルカをつれてこっそり汽車に乗った。手術をしたがペルカの視力は回復しなかった。ところが、秋も深くなったある日、奇蹟が起った。ペルカの目は、いつのまにか見えるようになっていたのだ。やがてペリカンたちが南の国へ旅立つ日が来た。ペルカが仲間たちと一緒に、空のかなたに消えていくのを、少年はいつまでも見送っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く