ファンタスティック・プラネット

劇場公開日:

ファンタスティック・プラネット

解説

アニメーション作品として史上初めてカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞したSFアニメ。フランスのSF作家ステファン・ウルの原作をもとに、漫画家・イラストレーターのローラン・トポールが4年の歳月をかけて描いた幻想的な原画を、ルネ・ラルー監督が切り絵アニメーションという手法で完成させた。地球ではないどこかの惑星。その星には真っ青な肌に赤い目をした巨人ドラーグ族と、彼らから虫けらのように虐げられている人類オム族が住んでいた。ある日、ドラーグ人の知事の娘ティバは、ドラーグ人の子どもたちにいじめられ母を亡くしたオム族の赤ん坊を拾う。ティバは赤ん坊をテールと名付け、ペットとして飼うことになるが……。

1973年製作/72分/フランス・チェコスロバキア合作
原題:La Planete sauvage
配給:ザジフィルムズ
劇場公開日:2021年5月28日

その他の公開日:1985年6月21日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1973 Les Films Armorial - Argos Films

映画レビュー

3.0シュール、でもそれだけじゃない

Rさん
2024年2月21日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
R

4.5これが本当の人類の歴史だと思ってみれば面白い

2024年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

色鉛筆風の絵で見応えがある。効果音、BGMも斬新で面白い。巨人族と人間が登場する。

視聴中に閃いたことがある。
日本が世界の縮図なら、日本には小型の人間が、世界には大型の人間がそろぞれ住んでいた。世界に似せた島を巨人たちが作ったかもしれない。
インスピレーションが掻き立てられる。

描いた絵がアナログで動いている感じがして好き。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Don-chan(Daisuke.Y)

4.0切り絵アニメーションって

2024年2月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

幸せ

所謂、ストップモーションでアニメを作ったってこと?

とその辺わからずにフル視聴した。

正直ストーリーは変なの〜って思ったけど

これは癖になったりハマる部類だなぁ。と

違う意味での危険性を感じた。

キリスト教文華圏らしいアニメ。

カルトでマニアックだわ◎

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tomokuni0714

3.5素晴らしい映像表現と内容。衝撃過ぎます。

2023年9月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

萌える

内容は、とある何処かの異世界が舞台。ある惑星には生態系の頂点として人間の10倍ほどの青い肌と赤い目をした宇宙人がいて、人間を飼っているそのドラーグ人とドラーグ人に飼い人が知識を得て逃げ野良人間としてドラーグ人世界との共生関係が始まるという幻想的な物語。
印象的な台詞は『彼らは脆い弱い生き物たのだ!』ドラーグ知事が初めに娘に語りかける言葉。人間な存在が蟻の様に描かれている辺りヒューマニズムを皮肉っている所が今にしても食い込んで表現してるなと感じる。虫人間としての扱われ方はいい!一気に世界に吸い込まれます。もし当時観てたら衝撃過ぎて忘れられなあだろうと思います。
印象的な場面は、ドラーグ人から首輪を着けられるシーンです。激しい音と光はそれだけで説得力あります。A・アシモフの言う様に過ぎた科学文明は魔法の様に見える。その通り異様な不可思議な世界観を納得させるだけの画像構成が凄いです。癖が強すぎて癖になりそうです。
印象的な演出は、やはり脚本のキレの鋭さです。底なしの野蛮な欲望の権化である人間との共生に舵をきる辺り異星人の価値観として、納得してしまう凄さがあります。よく言えば論理的。悪く言えばご都合主義。しかし発表された1973年という事を考えれば凄い!2023年の今観ても十分すぎる新作感覚味わえました。普遍的なテーマである人間をメタ的に捉える表現には未来への先見性が感じられます。
映像のオリジナリティもさることながら鉛筆画も味がありいい。瞑想や雲を食べる仙人の様な欲の薄いドラーグ人と野蛮で貪欲な人間との対比が比喩的表現として自分の考えの中に入り込んできて、ドラーグ人の学習用具の様に頭から離れません。SFが好きな人からすれば親しみ易い実験的で革新的な素晴らしい作品です。

コメントする 2件)
共感した! 12件)
コバヤシマル
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る