ロンドン大捜査線

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

給料強盗計画の展開にからむクライム・アクション。製作はアラン・ラッド・ジュニアとジェイ・カンターの共同、監督はマイケル・タクナー、ジェームズ・バーロウの原作をディック・クレメントとイアン・ラ・フレネが共同脚色、撮影はクリストファー・チャリス、音楽はジョナサン・ホッジ、編集はラルフ・シェルドンが各々担当。出演はリチャード・バートン、イアン・マクシェーン、ナイジェル・ダヴェンポート、ドナルド・シンデン、フィオナ・ルイスなど。

あらすじ

ロンドンのカジノ「ライバルリー・クラブ」の集金人の惨殺事件を担当したボップ・マシューズ警部(N・ダベンポート)と相棒トム・ビニー刑事は、その残忍な手口から、ビク・デーキン(R・バートン)の仕業と踏んだ。デーキンはサディストだが、いたって親孝行で、日曜日には老母をつれて海岸に出かけ、海の幸を御馳走するのを楽しみにしていた。朝、デーキンは中年男ダニーから耳よりな話を聞いた。工場の給料係のダニーの友人を利用して銀行から運ばれる巨額の給料を強奪しようというのだ。乗り気になったデーキンは、懐刀のウルフ(I・マクシェーン)を呼び、さっそく計画を練った。そして現場の縄張りをもつフレイチャーにわたりをつけ、彼の義理の兄弟で胃の持病をもつローイスを仲間に引きいれた。カジノ事件に何の手がかりも掴めないでいるマシューズ警部に、給料強奪事件の報が入った。そして現場に残された玉子の毅からローイスとフレイチャーが挙げられた。それを聞いたデーキンは、好色な国会議員ジェラルド・ドレイコットを利用して完全なアリバイ証言を強要した。捜査は難行したが、拘留中のローイスをめぐる一味の動きで、奪った給料はローイスが隠匿していると睨んだマシューズ警部は、故意にスキを見せて、ローイスを外へ連れ出した。案の定ローイスを連れ去った一味を、マシューズは部下とひそかに跡をつけた。デーキンが、警察の罠にはまったと知った時は後の祭りであった。

1971年製作/イギリス
原題:Villain
配給:MGM

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る