定めなき女の日々

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

家族のために戦い、そして敗れたある女の、自己内部での重要な闘争に勝つまでの姿を描く。監督・脚本は32年生まれでフリッツ・ラングの助監督も勤めたことのあるアレクサンダー・クルーゲ、撮影はトーマス・マウフが各々担当。出演はアレクサンドラ・クルーゲ、フランツ・ブロンスキー、シルヴィア・ガルトマンなど。

あらすじ

失業中で不機嫌な夫フランツ(フランツ・ブロンスキー)と2人の幼い子供をかかえたロスヴィータ(アレクサンドラ・クルーゲ)は、家族を養うため堕胎の仕事を手伝っており、社会意識に除々に目ざめつつある。やがて、夫は薬品会社の工場に勤めだし、彼女は相棒のシルヴィア(シルヴィア・ガルトマン)と共に、工場のロックアウトされるという計画に関しての政治活動を始め出した。しかし、その計画はいつの間にか中止され、夫は彼女の扇動的な行動のため解雇される。そして再び家族を養うはめになったロスヴィータは、工場の前で、あの政治活動の時にくばったビラにソーセージをくるんで売るのだった。

1974年製作/西ドイツ
原題:Gelegenheitsarbeit einer Sklavin

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く