大いなる幻影(1937)

劇場公開日:

大いなる幻影(1937)

解説

ジャン・ルノワールが第1次世界大戦下のドイツ捕虜収容所を舞台に様々な国籍や年齢、階級の人々が繰り広げる人間模様を描き、外国語映画として初めてアカデミー作品賞にノミネートされるなど世界的に高く評価された反戦映画の傑作。ドイツ軍に撃ち落とされ捕虜となったフランス飛行隊のマレシャル中尉とド・ボアルデュー大尉は脱走を繰り返し、脱出不可能とされる古城の将校捕虜収容所に送られる。そこで所長をつとめるのは、かつて2人を撃ち落としたドイツ貴族ラウフェンシュタイン大尉だった。同じ貴族階級のド・ボアルデューとラウフェンシュタインは親交を深めていくが、マレシャルたちの新たな脱走計画は着々と進められ……。ジャン・ギャバンが主演をつとめ、サイレント映画時代の名匠エリッヒ・フォン・シュトロハイムがラウフェンシュタイン役で圧倒的な存在感を見せた。2018年2月から、デジタル修復版が全国順次公開。

1937年製作/114分/G/フランス
原題:La Grande Illusion
配給:川崎市アートセンター
劇場公開日:2018年2月3日

その他の公開日:1949年5月21日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第11回 アカデミー賞(1939年)

ノミネート

作品賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)1937 STUDIOCANAL All rights reserved

映画レビュー

3.0欧州の階級社会は複雑じゃ

2024年2月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

名画100選とかで必ず出てくるのと題名から「嵐が丘」みたいな文学作品の映像化とばかり思ってたら捕虜収容所ものとは。脱走を繰り返す主人公達だが出自の違いから必ずしも一枚岩では無く、「大脱走」のような固いチームワーク感は見られない。むしろ同じ貴族出ということで敵の収容所長と友情が芽生えるのだから欧州の階層意識はよく分からない。大尉が2人を逃すために囮になったのも、仲間のためというより滅びゆく貴族の矜持みたいなものだったのか。そう言えばこの大尉と収容所長、時折英語でやり取りしていたようだが、あれはどういう設定なのかな?貴族の公用語は英語?
この騎士道精神溢れる第一次大戦下のドイツ人が30年後(この映画制作の数年後)には捕虜を大量虐殺するのだからまさに優雅・平和な時間など幻影に過ぎぬということですな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
あっきー

5.0それは大いなる幻影だ・・・

2023年6月4日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

興奮

捕虜収容所モノの傑作としてはビリー・ワイルダー監督の「第十七捕虜収容所」、スティーヴ・マックイーンの「大脱走」などがありますが、この作品が他の作品と違うのは敵である将校同士の友情を描いているという点ではないでしょうか。ドイツ軍と捕虜であるフランス軍の将校が、同じ貴族出身と言う立場から、敵味方を超えて友情で結ばれる。そして脱走に成功したフランス兵は、ドイツ人女性に匿われ愛が生まれる・・・人種や国籍を超えた友情、愛情が素晴らしく感動的に描かれております。このフランス兵は終戦後、ドイツ人女性と再会できたのかな?それこそ大いなる幻影なのかもしれません。恐ろしい社会情勢が続く現代、たくさんの人々が観なければならない映画ではないでしょうか

コメントする 1件)
共感した! 2件)
活動写真愛好家

5.0記憶のなかで

2021年7月8日
PCから投稿

おそらく誰もがエドゥアールマネの絵画「笛を吹く少年」を見たことがある──と思う。真紅のズボン。黒いチョッキ。黄色い装飾がある略帽をかぶり、笛筒を肩に提げ、横笛を吹いている。──あどけない顔立ちの少年。

なぜ、見たことがあるはずと言ってしまえるのか──というと、この絵は、教科書として、美術にも音楽にも使えるという重宝な素性を持っているから。じっさい、わたしも、学校の美術もしくは音楽の教本の表紙絵として、この絵を見たのだった。

ルノワールの大いなる幻影でこの少年を見た──気がする。

昭和期に著名人たちが洋画ベストをやるとかならず大いなる幻影が入った。かつてフランスには映画の黄金期があり、日本にも仏映画のファンが多かった。ルノワールはメジャーだったが、いうなれば芸術点を加味した大家だった。黒澤明とおなじで、労働者からも、教養ある人たちからも愛されたのがルノワールだった。(と思う)。

来歴を見たら初作が1924年で、遺作が1961年。
じっさいわたしも三本しか見たことがないので、知った風なことは言えないが、ルノワールと言えば挙がるのは大いなる幻影で、ほとんど同監督の代名詞だった。

1937年の映画だが、大河ドラマが映画の尺に凝縮されたようなエピック。笑えるし、泣けるし、ハラハラドキドキもある。エンタメの方法論の原型がすべて詰まったような映画だった。

主演はまだ若いジャンギャバン。若い頃があるのはとうぜんだが、初老以降ばかり見る役者なので若いジャンギャバンは新鮮だった。
独軍の収容所から脱走する戦争映画。大脱走とか、第十七とかを思い浮かべてもらえば、そんなに大きく外れない。
その収容所の面子にボアルデュ大尉というひとがいた。
ピエールフレネーという往年のイケメン俳優が演じていた。

野卑な捕虜たちのなかで、大尉だけは、貴族の出で、絵に描いたような紳士だった。いつも上着を袖を通さず肩にかけている。あまり喋らず、片眼にモノクルを嵌め、白手袋、常に身だしなみを整え、綺麗に整髪している。

捕虜仲間たちがじゃれあったり騒いだりしているのを、ちょっと離れた場所で、おだやかに微笑みながら見ている。囚われの身となっても威厳と気品をそこなわず、エリッヒフォンシュトロハイムが演じた独軍の収容所長からも敬意をはらわれる。ボアルデュ大尉とはそんな役どころだった。

筋書きのなかで大尉は、ジャンギャバンらと脱走を企てる仲間に入るのだが、最期は、単身、脱走の経路を外れ、自ら囮(おとり)となり、敵の注意を惹くため笛を吹きながら逃げ、主人公たちの脱走に挺身する。

身ぎれいな男性ピエールフレネーが笛を吹きながらみずから犠牲になる姿がマネの笛を吹く少年と合致した。──大いなる幻影にマネの笛を吹く少年が出ていた──気がしたのである。

笛を吹く──という外観的類似が、ボアルデュ大尉と笛を吹く少年を重ねたのではなかった。二者から、いやおうなしににじみ出てくる、潔白で何のためらいもない様子、美しい佇まいが、ピッタリ符号したからだった。(と思う)。

そういう態度のことを今は使われなくなった日本語で「高潔」というんじゃなかろうか。マネの無垢な少年に高潔を見たように、ボアルデュ大尉に高潔を見た──という話。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
津次郎

3.5敵軍将校の捕虜を丁重にもてなす余裕があった貴族主導の第一次世界大戦

2021年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まあ映画で理想主義的かもしれないが、フランスとドイツの戦争で、将校間でこれ程の敬意と配慮と親近感があり得るということに驚かされた。まあある種、欧州の貴族階級意識の反映でもあるのだろうが。

これらが第二次世界大戦では見事に消え失せ、特に日本は酷い扱いを捕虜にしているわけであるが。

まあ、映画史的には、また歴史的にも大変に興味深い部分はあったが、お話としては、かなり古臭い感じもした。特に脱走後のジャンギャバン演ずる軍人と未亡人との交流がとってつけたかの様に感じてしまった。

コメントする 2件)
共感した! 3件)
Kazu Ann