限りなく愛に燃えて

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界にファシズムの暗雲がたなびく頃に激しく燃えた立場の違う男女の愛を描く。製作はアルビナ・ドゥ・ボワールヴレイとハンス・フリューゲル、監督は「離愁」のピエール・グラニエ・ドフェール、脚本はホルヘ・センプランとP・G・ドフェール、原作はピエール・ドリュー・ラ・ロシェル、撮影はアルド・トンティ、音楽はカルロ・ルスティケリが各々担当。出演はロミー・シュナイダー、フィリップ・ノワレ、ヴィクトル・ラヌー、ウンベルト・オルシーニ、デリア・ボッカルドなど。

あらすじ

古代遺跡が白くまばゆいギリシャ、1936年8月。マルゴ(ロミー・シュナイダー)は、夢想の共産革命家ミシェル(ヴィクトル・ラヌー)と恋の逃避行をしようとしていた。外交官夫人としての地位も捨てるその行動を止めさせようと、マルゴの愛人ラウル(フィリップ・ノワレ)はするがもはや時は遅かった--。2週間前、マルゴは貴族出のイタリー外交官リコ(ウンベルト・オルシーニ)の夫人とし、何不自由のない生活をしている。だが夫婦とは名ばかりであり、夫はドーラ(デリア・ボッカルド)を愛人とし、マルゴもラウルと関係していた。折りしも、ギリシャはメタクサス軍事独裁政権により戒厳令下、連日アカ狩りは続けられている。ある暑い夜、窓からマルゴの部屋にミシェルが飛び込んで来た。追われているのだ。粗野で逞しく澄んだ目の彼。マルゴの内で何かが燃えた。ラウルの運転手として身を隠すミシェル。そんな彼の政治運動に手をかすマルゴ。やがて、ギリシャの共産党組織は壊滅状態に追い込まれてき、ミシェルは国外への脱出を決意する。そして一緒に行くととりすがるマルゴ。警察が網を張っているとも知らず、落ち合う場所を決めた2人は、運命の道行きを決行した--。1967年、アテネを訪れた観光客の中に炎の愛に燃え尽きた母と父の痕跡を辿るマルゴと瓜ふたつの若い女性の姿があった。

1976年製作/フランス
原題:Une Femme A Sa Fenecatre
配給:ユナイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「限りなく愛に燃えて」以外にこんな作品をCheck-inしています。