ザ・ライダー(1984)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

最も危険な職業といわれているモーター・スポーツのレーサー達が最高の500ccロードレース世界GP(グランプリ)戦に挑む姿を描く。製作はフェリシティ・ヒベルディン、監督・原案はジョー・マソット、脚本はフェリシティ・ヒベルディン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はロジャー・テーラー、デュラン・デュラン、クイーン、ザ・フィックス、モーター・レーシング・アドバイザーはジュリアン・セドンが担当。出演はバリー・シーンなど。

あらすじ

バリー・シーン(本人)は、イギリスのナンバーワン・ライダーだ。その彼が82年7月28日の500ccイギリスGP(グランプリ)で大クラッシュに見舞われた。日本の二輪の大手メーカーは、自社の販売戦略上、新しいレーシングチーム《アサマ》を結成し、専属のライダーを選定することになった。そこで選ばれたのが、事故から立直ったバリーと、日本の天才ライダー、マサオ・ヤマシタ(トシヤ・イトー)、それに若手のロン・ハリス(ギャバン・オーヒーリ)の3人だ。抜群の性能をもつマシーン《ASAMA-X500》をテストしたヤマシタはチーム入りを決めた。バリーも、熱心な誘いにOKした。バリーは《スズキ》、ロンとヤマシタは《ホンダ》をスポンサーに、彼らはいよいよGPに出場することになった。バリーは、長年の宿敵トラウス・パシフィック・チームとの対決にファイトを燃やしていた。83年500CC世界GP戦の開幕。下馬評は《アサマ》が優勢との声が高かったが、主戦マイク・ロックウッド(ジェフ・ハーディング)をトップとするトランス・パシフィック・チームも激しい闘志に燃えていた。結果、バリーが第一戦に優勝、2位はロンと《アサマ》チームが決めた。世界GP戦の第2ラウンドが行なわれようとしていた。ヤマシタを妻ミカ(サヨ・イナバ)が声援する。彼女もサイドカー・レースのライダーだ。プレイボーイのロンの新しい恋人ジョアンナ(カロリーヌ・エヴァンズ)は、パシフィック・チームのエース、ロックウッドのガールフレンドだったのを奪ったのだ。第2戦は、ロックウッドが優勝。《アサマ》チームは不振に終わった。世界GP戦も中盤に入ってきた。パシフィック・チームは新車で出場。刺激を受けた《アサマ》チームに、しばらくして新車が提供された。GP戦もいよいよ、大づめとなり、決勝戦を迎えた。白熱したレースが展開されるが、途中、ヤマシタが事故を起こし病院に運ばれた。生死にかかわる事故だ。レースの結果は、バリー・シーンの優勝となった。

1984年製作/101分/イギリス
原題:The Riders
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く