人蛇大戦 蛇

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

惨殺された蛇の復讐のために、巨大なボア蛇に指揮された蛇の大群が人間に襲いかかってくるという恐怖映画。製作(出品人)は李清源と張茜西、プロデューサー(製片)は張堆樹。監督は王再慶。脚本は蔡国栄と李慶年、撮影はウォー・ユンが担当。出演は向雲鵬、羅璧玲、魏平澳、高遠など。中国語原題は「人蛇大戦」。英語サウンドトラック。

1982年製作/台湾
原題:Calamity of Snakes
配給:ジョイパックフィルム

ストーリー

建築業をいとなむ富仁は、材料の質を落したりして巨万の利をむさぼり、妻の淑美がいさめても聞こうとしなかった。現在、彼はアメリカ帰りの正豐の設計で高級マンションを設計していた。富仁は八カ月で完成させろと命じ、正豐は難色を示す。そんな正豐に富仁の一人娘の秀梅が恋をしていた。建築現場で蛇の巣が発見され、富仁は淑美や正豐がとめるのを振り切り、ブルドーザーで蛇を皆殺しにする。蛇の群が飯場を襲い、作業員たちが殺されてしまう。作業員たちが騒ぎ出したので、富仁は蛇の血を売ってる食堂の主人の勧めで、蛇の見せ物をやっているリンに蛇退治を依頼する。リンは飯場から蛇の跡をつけ、廃屋で巨大なボア蛇と対決し、死闘の末に倒す。富仁は安心するが、もう一匹のボア蛇がいることには気付かなかった。マンションは完成し、高値で売れた。ペントハウスに居を構えた富仁は、居住者や取り引き先を招待して盛大なパーティを催す。その頃、地下室の床を巨大なボア蛇がはね飛ばして、無数の蛇をひきいて、上へ上へとあがっていく。まず、守衛がやられ、ついで妾に会いにきた男が駐車場で襲われた。麻雀をやってた連中も、バスタブに入っていた若い女も、老夫婦も続々とやられてしまう。パーティ会場のペントハウスでドアを開けると、蛇が何千匹と侵入してきて、たちまち阿鼻叫喚の修羅場と化した。富仁の秘書でおべっか使いの馬もやられ、淑美も蛇に全身を咬まれてしまう。警察、消防隊がやってきて、火炎放射とガスで蛇を退治しながら上へあがっていく。正豐と秀梅は消防はしごに移って助かる。ボア蛇は火炎をあびながら、宙を飛び富仁に巻きつき復讐をとげた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「人蛇大戦 蛇」以外にこんな作品をCheck-inしています。