熱砂の戦い

劇場公開日:

解説

アーヴィング・アレン製作の1951年度色彩(アンスコカラー)西部劇。マックス・トレルのオリジナル・シナリオから「魅惑」のアーヴィング・レイスが監督した。撮影は「カルメン(1948)」のウィリアム・スナイダーとジャック・グリーンハル。「ジョニー・ベリンダ」のルー・エイヤースが「チャンピオン」のマリリン・マクスウェルと共演し、以下「アリババと四十人の盗賊」のアンディ・デヴァイン、「赤い灯」のレイモンド・バー、テッド・デ・コルシア「陽のあたる場所」、らが助演。

1951年製作/アメリカ
原題:New Mexico

ストーリー

1860年代のこと。地方事務官ウィルコックスに不満を持ったインディアンが蜂起し、命をうけた合衆国騎兵隊のハント中尉(ルー・エイヤース)は、アコマ酋長の一軍を阻止し反抗の出鼻をくじくため15名の部下と共に出発した。一行はアコマの本拠とするアコマ・ロックの頂上に達し、インディアンに襲撃された駅馬車からウィルコックス判事や唄女のチェリー(マリリン・マクスウェル)などを救い出した。酋長アコマは休戦を申し入れアコマ・ロックスとウィルコックス判事を引き渡せば包囲を解くといったがハントが拒絶したので戦闘は繰り返された。ところがこの岩山の祠の中からアコマの息子が発見され同時に岩窟の中に厖大な武器弾薬のかくされていることもわかった。騎兵隊は全滅に瀕し、アコマが遂に岩山が上ってきたとき残っていたのは瀕死のハントとチェリー、酋長の息子それに兵隊1人だけだったが、ハントはやはりアコマに無条件降伏を求めて拒絶された。兵卒はアコマを射ったが自らも死んだ。その瞬間岩山は大爆発した。しかし、ハントの心使いによってチェリーと酋長の子供だけは生き残った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る