ザ・フォッグ(1979)

劇場公開日

0%
28%
55%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北カリフォルニアの海岸に面したとある町を舞台に、その町の創設にまつわる呪われた伝説に隠された復讐劇を描く恐怖映画。製作総指揮はチャールズ・B・ブロック、監督・脚本・音楽は「ハロウィン」のジョン・カーペンター、撮影はディーン・カンディ、編集はトミー・ウォレスとチャールズ・ボーンスタイン、製作デザインは編集の卜ミー・ウォレス、特殊効果はディック・アルベイン・ジュニアが各々担当。出演はエイドリアン・バーボー、ハル・ホルブルック、ジャネット・リー、ジェイミー・リー・カーティス、ジョン・ハウスマン、トミー・アトキンス、ナンシー・ルーミス、チャールズ・サイファース、ジョン・ゴフなど。

1979年製作/89分/アメリカ
原題:The Fog
配給:日本ヘラルド

ストーリー

小さな港町、アントニオ・ベイ誕生百年祭の前夜。少年たちは、老漁師が語る恐ろしい話しに夢中になっていた。それは、百年前の夜難破して死んだ“エリザベス・デーン号”の乗組員が再び霧のたちこめる時に復讐のために戻ってくるという伝説だった。午前0時、私設放送局KABのディスクジョッキー、スティビー・ウェイン(エイドリアン・バーボー)が町の誕生を告げると、同時に町では怪奇な現象が続発した。教会のマローン神父(ハル・ホルブルック)の部屋では、無気味な予告が記入された日記が出現し、町のマーケットでは商品が倒れ、ガソリン・スタンドのオイルが噴き出し、無人の車のヘッドライトが点灯し、また、ヒッチハイクの娘エリザベス(ジェイミー・リー・カーティス)を乗せて家に向かう途中のニック(トミー・アトキンス)のトラックの窓ガラスが突然砕けた。さらに帰航中のトロール船“シー・グラス号”が霧に包まれ、3人の漁師が何者かに殺された。昼が過ぎ、百年祭祝典の女性議長キャシー(ジャネット・リー)は、夫の乗った“シー・グラス号”が帰らないのを心配しながらも、助手のサンディ(ナンシー・ルーミス)を伴って神父を迎えに教会に行った。そこで2人は、神父からアントニオ・ベイの呪われた歴史を聞いてショックを受けた。アントニオ・ベイの6人の創始者は、百年前に“エリザベス・デーン号”のレプラ病の乗組員たちを殺し、彼らの持っていた黄金を盗んだのだった。町で起きている出来事は殺された亡霊たちの復讐なのだろうか。夕方、放送局のある灯台は、みるみる霧に包まれだし、スティビーは恐怖を抱いていた。町中では停電で祭典が中断され、霧を逃れてキャシーとサンディ、ニックとエリザベスが教会へ逃げた。そして教会を舞台に亡霊との闘いが始まった。亡霊は百年前と同じように6人の犠牲者を作ろうとしていたのだ。もうすでに5人が殺されていた。死闘の末、マローン神父のふりかざす十字架で、亡霊たちは消滅した。教会にいた人びともスティシーも助かるのだったが、犠牲者はあと一人残されていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0迫りくる濃霧

kossyさん
2020年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 深夜ラジオのDJスティーヴィー・レイ(バーボー)が静かに語る。恐怖映画にはこういった深夜のDJが似合うなぁ。「KAB1340アントニオ・ベイ」というプロモテープもしつこく流れ、いつしか覚えてしまった。

 CGのない時代にこれほど綺麗なホラーを作っていたとは驚きだ。岬を徐々に霧が覆い尽くす光景や死者が登場するシーンは見事な出来映え。そして70年代のホラー・パニック映画では神父がヒーローのように扱われる流れをしっかりと受けている。ストーリー的にはいきなり「教会が安全」という無理な流れ、「6人が死ぬ」という重要な部分が弱い。

 ニックの車にヒッチハイクで乗ったエリザベス(ジェイミー)と式典の準備をするキャシー(ジャネット)は実の母娘なのですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5恐怖はないが静かな昂揚感を味わえる

2017年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

霧と町の歴史が組み合って恐怖を演出するホラー映画。

設定自体は面白いが別に化け物がワラワラと出てくるわけでもない。
殺し方も派手さはない。音楽はさすがジョン・カーペンターの作品なのでいい感じだがアドレナリンが出る類でもない。

いたって地味な作品で2017年に観ても正直恐怖感はほとんどないが、
静かに好奇心をくすぐられる良作と思える。

個人的にはちょっと日本のホラーっぽい印象だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隊長62

2.0ヒッチコックの鳥っぽいなぁと思ってたらやはり影響されているらしい。...

2016年6月8日
iPhoneアプリから投稿

ヒッチコックの鳥っぽいなぁと思ってたらやはり影響されているらしい。
オーディオコメンタリーで鳥の話が何度もでてた。
ザフォッグ以降だと、ミストとかそうだろうな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
saikimujin
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る