最後の歓呼

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エドウィン・オコナーのベスト・セラー小説を「荒鷲の翼」のジョン・フォードが映画化した市長選挙に立候補して戦う男の不屈の闘魂の物語。脚本はフランク・S・ニュージェント。撮影は「決断の3時10分」のチャールズ・ロートン・ジュニア。「老人と海」のスペンサー・トレイシー、「赤い空」のジェフリー・ハンターが主演し他にディアンヌ・フォスター、パット・オブライエン、ドナルド・クリスプ、バジル・ラスボーン等が出演している。製作ジョン・フォード。黒白・スタンダードサイズ。1958年作品。

1958年製作/アメリカ
原題:The Last Hurrah
配給:コロムビア

ストーリー

ニュー・イングランド州の一都市。市長スケフィントン(スペンサー・トレイシー)は再選をめざして立候補した。すでに年老いた彼ではあったが闘志満々、対立候補の若い退役軍人マクラウスキーと戦うことになった。スケフィントンには支持者もあったが、反面、その強引な政治力を快からず思っている者も少くなかった。銀行家のカス、新聞経営者のフォースなどが反対派の代表人物であり、スケフィントンと幼いときからの親友である枢機卿さえ、彼の勝つためのやり方には批判的だった。こうした、周囲の中で、スケフィントンの甥でフォースの所のスポーツ記者を勤めるアダム(ジェフリー・ハンター)は、伯父の人間的巾の厚さに惹かれて彼の選挙戦に協力した。対立候補のマクラウスキーはテレビを使っての派手な選挙戦。スケフィントンもまた、夫を亡くした妻の家へ行って盛大な葬式を営んでやったりの強引な戦法。開票日が来た。誰もがスケフィントンの勝利を信じて疑わなかった。しかし開票が進むにつれて、遂にスケフィントンの敗北が決定した。テレビ・カメラの前に立ったスケフィントンに記者が今後の身のふり方を聞いた。スケフィントンは「知事選挙に立候補する」と昂然と云ってのけた。彼の闘志は敗北にも衰えなかった。マクラウスキーの当選パレードの楽隊の音がひびく中をスケフィントンは1人、自宅へ帰った。階段を上った彼は心臓の発作で倒れ、数日後世を去った。彼の魂は、最後まで勝利を信じて疑わなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る