仔鹿物語(1946)

劇場公開日

6%
72%
22%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ピュリッアー賞を得たマージョリー・キナン・ローリングスの小説を映画化したもので「キューリー夫人」のポール・オスボーンが脚色し、「愛の調べ」「町の人気者」のクラレンス・ブラウンが監督にあたった1947年作品のテクニカラー色彩映画である。主演は「王国の鍵」「パラダイン事件」のグレゴリー・ペック「失われた週末」「高原児」のジェーン・ワイマン、初出演の少年俳優クロード・ジャーマン・ジュニアで「ブーム・タウン」のチル・ウィルスス、「旋風大尉」のクレム・ピヴァンス、「心の旅路」のマーガレット・ウイチャリー、「ミニヴァー夫人」のヘンリー・テラヴァーす、「明日への戦い」のフォレスト・タッカーその他が助演している。「男は神に非ず」のチャールズ・ロシャー、レナード・スミス及びアーサー・E・アーリングが撮影を監督し、音楽は故ハーバート・ストザートが作曲した。なお色彩撮影賞、子役演技賞のオスカーを与えられた。

1946年製作/アメリカ
原題:The Yearling

ストーリー

フロリダが北部のやぶ地帯の空地にバクスター一家は自然と戦いながら農作をしている。父親のペニイはやせて背の高い男で未開の原野を開墾し、家畜を育て、家畜荒らしに来る野獣を退治するのが仕事である。母はブロンドの小柄な女であるが1日中、台所仕事に追われ、遊び盛りの11歳の息子ジョディーを小うるさく叱るか根はやさしい働き者だ。ある朝、家畜荒らしの大熊の足跡をたよりに、ペニイとジョディーは3頭の犬を連れてでかけた。運悪くペニイの猟銃は爆発したので熊を逃がし、かえって犬を犠牲にしてしまう。鉄砲なしでは危険なのでペニイは隣人フォレスターを訪ねる。フォレスター一家は父と母のほかに大男の息子達アーチ、ミルホイール、ギャピイ、バック、レムの5人と背骨の曲がった末子がいる。ペニイは連れて行った猟犬とレムの最上の銃とを交換する。レムはその小犬が大きなクマ犬の子だと信じこんだのである。その後ペニイは作物を売りにヴォルージアへ出掛ける。お共をしたジョディーは彼が崇拝するオリヴァーが旅から帰って、恋人のツウィンクと結婚すると聞いて喜ぶ。ツウィンクにはレムもほれていて、オリヴァーがレム達と会うと大喧嘩となり、ペニイ親子もオリヴァーの見方をして戦った。このため両家は不和となり、バクスターの豚が盗まれたのもフォレターの仕業だと考え、ペニイは取り返しに出掛ける。その途中ペニイは大毒蛇に足をかまれ、シカを射殺してその肝臓と心臓とで毒を吸いとる。殺されたシカの仔ジカは森の中で鳴いていた。ペニイは死にひんしたが助かる。それはシカのおかげだから、といってジョディーは仔ジカにフラッグと命名し、楽しい毎日を遊んで暮す。ところがある朝、トウモロコシの若苗が根元まで食い荒らされていた。母に叱られたジョディーはさくをこしらえる。しかしフラッグは一跳びに越えてトウモロコシを食べる。さらに煙草の若苗も食い荒らしたので、ジョディーはフラッグを殺せと命名される。悲しんだ少年は仔ジカを森の中に追い込んだが、翌朝フラッグはもどってきた。母が仔ジカを射ったが、仔ジカは重傷を受けただけだった。苦しむフラッグを見るにしのびず少年は仔ジカを射殺した。その悲しみにたえずジョディーは家出し、ボートに乗って川を下った。餓死しかけたジョディーは船長ボイルに助けられた。程経で彼は心配している父母の許へ帰って来た。もはや少年ではなく、1人前の若者として。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0感度した

TZWさん
2021年6月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

子供の頃、亡くなった父親が少年時代に観て感動したと話していた作品。BSで放送があったので録画して鑑賞。
命の大切さを教えてくれるストーリー。動物が大好きな自分の娘にも勧めたいと思わせる秀作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TZW

4.0優れた開拓時代版少年ビルディングスロマン

2021年4月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

作品名から、単なる少年と子鹿の
ほのぼのとした交流映画かと想像しながも、
キネマ旬報第9位との情報から
一度は観ておいてもいいかなと
軽い気持ちで鑑賞したので、
まずは内容の意外性に驚きが先行した。

そもそもが開拓民の話で、
開墾地が樹海の中の島であるとの
当時の開拓民の困難さを示す
優れたファーストシーンから始まった。

前半は、普段はいがみ合っても、
肝心な時は助け合うという、
人間社会の原点に根ざした人間賛歌に
溢れる展開。

そして後半は、
動物は自然界と共に生きる、それに対し
人間はその自然と対峙する生き物
である以上、
それに立ち向かう上での
厳しさと孤独との闘いが必要ながらも、
助け合えるのは人間同士しかないという
人生訓を示してくれた。

ある意味、今では
話としてありふれた内容ではあるが、
この手の物語の原点なのかも知れない。
この映画は、親子3人の丁寧な心象描写を
天候・動物・植物などの自然要素とも
上手く絡み合わせて描いた、優れた
開拓時代版少年ビルディングスロマン
と言えるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
KENZO一級建築士事務所

3.5過去があって現在がある

2021年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

フロリダで農業をしている一家三人の物語。
主人公は11歳の男の子で、父の仕事を手伝っているが、自分のペットが欲しくてたまらない。
父(グレゴリー・ペック)は優しいが、母は口うるさい。
ある時、必要に迫られて鹿を殺すが、子鹿がいたことがわかり、主人公は飼うことを許される。
昔、学校から見に行き、意外と面白かった記憶がある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0クラレンス・ブラウンの見事な色彩映画

Gustavさん
2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

アメリカ開拓史のほんのひと片隅を背景に、少年の越えなければならない成長を見事な色彩で描いた児童文学作品。若きグレゴリー・ペックの父役の二枚目振り、ジェーン・ワイマン演ずる厳しい母親像、クロード・ジャーマン・ジュニアの名子役。ラスト、眠りに付く少年が夢想する子鹿の想い出のシーンの、少年の気持ちを知った映画的な表現に感動する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る