仔鹿物語(1946)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
9%
73%
18%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ピュリッアー賞を得たマージョリー・キナン・ローリングスの小説を映画化したもので「キューリー夫人」のポール・オスボーンが脚色し、「愛の調べ」「町の人気者」のクラレンス・ブラウンが監督にあたった1947年作品のテクニカラー色彩映画である。主演は「王国の鍵」「パラダイン事件」のグレゴリー・ペック「失われた週末」「高原児」のジェーン・ワイマン、初出演の少年俳優クロード・ジャーマン・ジュニアで「ブーム・タウン」のチル・ウィルスス、「旋風大尉」のクレム・ピヴァンス、「心の旅路」のマーガレット・ウイチャリー、「ミニヴァー夫人」のヘンリー・テラヴァーす、「明日への戦い」のフォレスト・タッカーその他が助演している。「男は神に非ず」のチャールズ・ロシャー、レナード・スミス及びアーサー・E・アーリングが撮影を監督し、音楽は故ハーバート・ストザートが作曲した。なお色彩撮影賞、子役演技賞のオスカーを与えられた。

1946年製作/アメリカ
原題:The Yearling

ストーリー

フロリダが北部のやぶ地帯の空地にバクスター一家は自然と戦いながら農作をしている。父親のペニイはやせて背の高い男で未開の原野を開墾し、家畜を育て、家畜荒らしに来る野獣を退治するのが仕事である。母はブロンドの小柄な女であるが1日中、台所仕事に追われ、遊び盛りの11歳の息子ジョディーを小うるさく叱るか根はやさしい働き者だ。ある朝、家畜荒らしの大熊の足跡をたよりに、ペニイとジョディーは3頭の犬を連れてでかけた。運悪くペニイの猟銃は爆発したので熊を逃がし、かえって犬を犠牲にしてしまう。鉄砲なしでは危険なのでペニイは隣人フォレスターを訪ねる。フォレスター一家は父と母のほかに大男の息子達アーチ、ミルホイール、ギャピイ、バック、レムの5人と背骨の曲がった末子がいる。ペニイは連れて行った猟犬とレムの最上の銃とを交換する。レムはその小犬が大きなクマ犬の子だと信じこんだのである。その後ペニイは作物を売りにヴォルージアへ出掛ける。お共をしたジョディーは彼が崇拝するオリヴァーが旅から帰って、恋人のツウィンクと結婚すると聞いて喜ぶ。ツウィンクにはレムもほれていて、オリヴァーがレム達と会うと大喧嘩となり、ペニイ親子もオリヴァーの見方をして戦った。このため両家は不和となり、バクスターの豚が盗まれたのもフォレターの仕業だと考え、ペニイは取り返しに出掛ける。その途中ペニイは大毒蛇に足をかまれ、シカを射殺してその肝臓と心臓とで毒を吸いとる。殺されたシカの仔ジカは森の中で鳴いていた。ペニイは死にひんしたが助かる。それはシカのおかげだから、といってジョディーは仔ジカにフラッグと命名し、楽しい毎日を遊んで暮す。ところがある朝、トウモロコシの若苗が根元まで食い荒らされていた。母に叱られたジョディーはさくをこしらえる。しかしフラッグは一跳びに越えてトウモロコシを食べる。さらに煙草の若苗も食い荒らしたので、ジョディーはフラッグを殺せと命名される。悲しんだ少年は仔ジカを森の中に追い込んだが、翌朝フラッグはもどってきた。母が仔ジカを射ったが、仔ジカは重傷を受けただけだった。苦しむフラッグを見るにしのびず少年は仔ジカを射殺した。その悲しみにたえずジョディーは家出し、ボートに乗って川を下った。餓死しかけたジョディーは船長ボイルに助けられた。程経で彼は心配している父母の許へ帰って来た。もはや少年ではなく、1人前の若者として。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0クラレンス・ブラウンの見事な色彩映画

Gustavさん
2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

アメリカ開拓史のほんのひと片隅を背景に、少年の越えなければならない成長を見事な色彩で描いた児童文学作品。若きグレゴリー・ペックの父役の二枚目振り、ジェーン・ワイマン演ずる厳しい母親像、クロード・ジャーマン・ジュニアの名子役。ラスト、眠りに付く少年が夢想する子鹿の想い出のシーンの、少年の気持ちを知った映画的な表現に感動する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

4.0子鹿の物語だと思って見たら愕然としてしまうかもしれない

kossyさん
2020年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 今では動物愛護団体が抗議してしまいそうな内容。まず圧巻なのが熊対犬の死闘!どうやって訓練したんだと驚いてしまう。特に犬があれほどまで果敢に熊に襲いかかるなんて・・・

 ペックのお父さんが息子ジョディとともに森へ出かけ、ガラガラ蛇に噛まれてしまう。咄嗟に鹿を撃ち、その肝臓を息子に持ってこさせ応急手当。ここでもう大自然の中で暮らす逞しさは備わっていたのですが、さすがにジョディは殺された母親の元から離れられない子鹿が気がかりになって、結局は飼うことになる。穀物、家畜なら大歓迎なのだが、開拓者にとってはペットなど飼う余地はない。息子の成長を優しく見守る父親と、何かとしかめっ面をする母親の対比も面白い。

 オリバーおじさんや大切な友達がいなくなるというエピソードもちらり。とにかく大切なのは大自然の中で生き抜くこと。鹿のフラッグが成長して畑を荒らすようになったら殺さなくてはならないという現実の厳しさ。生半可な可愛い動物の物語などでは決してないのです。

 128分もあるというのに、細かなエピソードを盛り込み過ぎなのが欠点。場面の展開が早過ぎるため、連続ドラマの総集編といったイメージは拭い去ることができなかった。それでも画面の美しさと子役の演技力にはまいりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0邦題につられて子供向けの甘いお話と思ってはいけません。

2019年6月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

5.0決して子供向けの動物映画ではありません 大人が観るべき映画です

あき240さん
2019年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

沢山泣きました、最後は号泣しました
心洗われるとはこの事です
父とは、母とは、家族とは何か
子を持ち持ち育てる苦労を知っていればいるほどにジョディの成長に心が震えるのでしょう

仔鹿は後半になって登場し、本当の主役といえるジョディ少年の成長に大きな影響を与えます
しかし仔鹿とはその鹿の事ではなく、もちろんジョディ少年の事を指しています

彼を演じる子役の金髪の少年のかわいらしさだけでなく
その健気さ、成長の様々の感情を表現する力は観たことのない名演技です
いつまでも子供と思っていた男の子がいつしか大人に成長するその過程を見事に演じてみせています

とても若いグレゴリーペックのお父さんぶりも素晴らしく、彼にしか演じることのできない理想の父親像を観せてくれます

母役のジェーン・ワイマンもまた素晴らしい名演を観せてくれます
ラストシーンの涙腺の破壊力を倍増しました

流石はベテランのクラレンス・ブラウン監督で素晴らしい演出で全く飽きずに緩むことなくラストシーンまで引っ張ってくれます

決して子供向けの動物映画ではありません
大人が観るべき映画であります
所帯をもってこれから子供を産み育てようという新婚さんも、子供が大きく育ち巣だっていった夫婦にも是非観て頂きたい映画です
名作です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る