荒野の三悪人

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

活劇専門のハーマン・シュロムが製作した1951年度西部劇。「バグダッド」のロバート・H・アンドリュースの書き卸しストーリーをアンドリューズと「死の谷」のジョン・ツウィストが脚色、「緑に誓う」のウィリアム・D・ラッセルが監督した。撮影はエドワード・クロンジェガー、音楽はC・バカライニコフの担当である。主演は「罠(1949)」のロバート・ライアン、「暗黒の命令」のクレア・トレヴァーで、「ならず者」のジャック・ビューテル、「北西騎馬警官隊」のロバート・プレストンやバートン・マクレーン、ブルース・キャボットらが助演する。

1951年製作/アメリカ
原題:Best of the Badmen
配給:RKO日本支社

ストーリー

南北戦争の終えた1865年、北軍騎兵少佐ジェフ・クラントン(ロバート・ライアン)はクァントレル襲撃隊を降伏させた。ファウラー探偵事務所のマシュー・ファウラー(ロバート・プレストン)はジェフから襲撃隊の引き渡しを受けて賞金にありつこうと、彼を買収にかかったが、正義のジェフは聞き入れず、降伏の時の約束通り襲撃隊を釈放し復員した。所がファウラーは、ジェフが3ヵ月前すでに復員し、襲撃隊を釈放する権限のないことを知った。ファウラーによってジェフは逮捕され、死刑を宣告されたが夫の所業を嫌うファウラーの妻リリー(クレア・トレヴァー)に助けられ、獣医バッチャー(ウォルター・ブレナン)らにキント無法地帯に案内された。そこでリリーに再会したジェフは元気を回復し、かつての襲撃隊を糾合してファウラーへの復讐を目指す悪漢団を組織した。ジェフの率いる襲撃は毎々成功しファウラー一味は破滅の寸前に追い詰められたが、次第にジェフの良心は麻痺し、今では無法者と少しも変るところがなかった。その頃リリーに横恋慕するリンゴの密告でジェフ一味の襲撃は失敗し、一味はリリーを密告者と誤解したので、ジェフは互いに信じ合っているリリー、バッチャー医、ボッブの4人で安住の地を求めて出発した。途中リリーをファウラーに奪われたが、すぐにリリーの奪還を計り、遂々宿敵ファウラーとリンゴを倒す事が出来た。4人は更正を誓い、リリーとジェフは正しい裁きを受けに北部へおもむいて行った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る